使える哲学

賢人たちの言葉講座 #4 現代(20世紀)~西欧的価値観の崩壊で 相対主義の時代に突入

【哲学者は何を語ってきたか】
いざ哲学を学ぼうとして、あまりの難解さに挫折した人も多いはず。だが、心配は無用だ。人物と歴史を軸に、その思想を分かりやすく解説する。

(前回→#3 近代 ~経験論と合理論の統合と 人・社会の進歩への信頼

 近代の終わり、「神も真理もあるものか」と喝破して、古代ギリシャ以来の哲学とキリスト教的な価値観を真っ向から否定したのが、ニーチェだ。

[ニーチェ]
ニヒリズムを乗り越える超人たれ

 ニーチェが批判したのは、プラトン以来の哲学のメーンテーマ、真理(ものの本質)と現象(現実に人間に見えるもの)という二つのカテゴリーに分ける考え方そのものである。

 『ツァラトゥストラ』の「神は死んだ」という一節は、神も真理もないという意味だ。もはや神のような絶対的権威から生きる意味や目的を与えられる時代は終わった。その先には、生きることの意味や目的を喪失する「ニヒリズム」が待ち受ける。外側(神)から目標が与えられないならば、内側(自分)でつくるしかない。

 ニーチェは、何かのために生きるのではなく、生きることそれ自体から充足を得よ、と説く。それを実現する者が「超人」だ。現実の世界で、嫌なことや辛いことが起きれば、多くの人は「いま・ここ」の地上ではなく、理想の世界(イデアや神の国)があると考えて現実逃避するが、これをニーチェは否定する。代わって彼が提示するのは、辛くて苦しい「いま・ここ」が、永遠に何度も巡ってくる「永劫回帰」という概念だ。

 それは耐え難い苦しみをもたらすが、それを受け入れて肯定しない限り、人生が救われることはないというマッチョな思想である。

 日本では、ニーチェの言葉を自己啓発として読む人が多いが、彼の道徳論を知ると、いささか幻滅する人もいるのでないか。

 ニーチェ以前の思想家のほとんどは、人は道徳的に生きるべきであることを自明のものと考えた。ところが、ニーチェは歴史的な考察に基づいて、道徳や倫理の土台には、強者に対する弱者が持つ恨み(ルサンチマン)が原動力として働いていると主張した。利他的な態度や弱者への配慮こそ善だと言っておいて、強者をその地位から引きずり下ろすのが、道徳や倫理の目的であり本質だというのだ。

 ルサンチマンによる道徳は、人間が創造的に生きる力を削ぐ忌むべきものとニーチェの目には映った。彼によれば、民主主義も弱者を守るルサンチマンのシステムであり、キリスト教の代替物である。

 これらニーチェの思想のうち、特に現代にもつながるという意味で重要な点は、次の二つだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/8号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-03

この連載について

初回を読む
使える哲学

週刊ダイヤモンド

「物事の本質は何か?」「人間とは何か?」「正しいとは何か?」──。そんな答えの見えない難問に、人は2500年にわたって挑んできた。この間、連綿と培われてきた哲人たちの洞察や思考スキルが、ビジネスや仕事に使えないはずがない。先の見えない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード