お金」を定義する

ここでついに「ビブン(微分)」が出てきます。ここで「数学」から逃げずに読み進められるかどうかが、
あなたが「お金」で成功できるかどうかの分かれ道。頑張ってください!

7

「は? 何だよ急に」

「〝お金〟を定義しましょうという話です。何事もそうですが、題材を定義するからこそ、正しい議論ができます。もちろん数学もそうです」

「言っている意味がサッパリわからん」

ここまでお金についてこれほど対話してきて、いきなりの〝そもそも論〟。どういうことだろう。翔太は戸惑いを苦笑いで表現した。

「いいから答えてみてください。お金とはいったい何か?」

「モノを買う時に使うもの、とか」

「反例を挙げます。たとえば、募金はモノを買うという行為ではないと思いますが」

「ちぇっ、理屈っぽいなぁまったく。定義? そんなのどうでもいいじゃないか」

「大人として残念ですね。その発言は」

どこまでも上から目線の詩織に苛立つ翔太。自分なりの答えを持っているくせに、あえて俺に質問してくる。考えがあるのなら、自分からどんどん言えばいいはずだ。なんでコイツはいちいち対話を仕掛けてくるんだ? 翔太はそんなことを考えながら、あえて無言を貫く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません