毛沢東(中華人民共和国初代皇帝)
【第5回】21世紀にも生き続ける「霊」

悪の親玉としてイメージされがちな「独裁者」たち。この連載では、世界を代表する独裁者たちが、若い頃にどのような知識や価値観、思想などの「教養」を得て、それをどう国家支配に反映させたのかを読み解いてゆきます。人民を扇動して破壊行為をおこなわせる「ごろつきの運動」を肯定し、歴史の勝者となった毛沢東の「霊」は現代の中国にも受け継がれています。(『独裁者の教養』より)

しかし、毛沢東は歴史の勝者である。

彼の思い込みに基づいた中華風味の共産主義は、やがて『実践論』や『矛盾論』といった論文にまとめられ、それなりに体系的な装いを持つようになった。モスクワ留学帰りの陳伯達が論文のゴーストライターを担当したともいう。結果、「毛沢東思想」は(少なくとも形式上は)いまだに中華人民共和国の国家的イデオロギーであり続けている。

そして、皇帝・毛沢東がお墨付きを与えた「常識」の一部も、やはりその後の中国にしっかりと受け継がれた。例えば、湖南省の農民運動や1960年代の文化大革命で見られたような、政治的なスローガンを利用して対象に暴力的な集団制裁を加える「ごろつきの運動」と、それに便乗して日頃の鬱憤を解消しようと考える中国人の庶民意識がそうだ。

2012年の8月から9月にかけて中国各地で起きた、日系企業の焼き討ちや商店への破壊・略奪を伴う暴力的な反日デモは、その象徴的な事件だと言えるだろう。デモがもっとも過激だった9月15日には、陝西省の西安市で、「日本車に乗っていた」という理由だけで中国人の中年男性が暴行されて半身不随に陥ったり、日本製のジャケットを着た中国人学生の服が引き裂かれるなど、同胞までも標的にした集団ヒステリー的な事件まで発生している。

規模はやや小さかったものの、2005年や2010年の反日デモでも、同様の事態が起こった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジセダイ by 星海社新書

この連載について

初回を読む
独裁者の教養

安田峰俊

悪の親玉としてイメージされがちな「独裁者」たち。しかし、彼らは優れていたからこそ「独裁」を行えたはずです。そこで、この連載では、世界を代表する独裁者たちが、若い頃にどのような知識や価値観、思想などの「教養」を得て、それをどう国家支配に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード