家事は外注」が当たり前の社会

日々仕事が忙しいと、家のことが負担になってしまいがち。また、子どもの世話や家事の分担をめぐって夫婦で揉めてしまう話もよく聞きます。ところが、マレーシアではこのような子育てや家事分担の対立は起こらないのだといいます。

先日、3人の子供をもつマレーシア人夫婦と北海道を旅して来ました。この夫婦は働きながら3人の子供を育てていますが、子供がまだ赤ちゃんの頃から、2年に一度は大きな旅行をします。前回は家族全員でニューヨークに行ったそうです。

私が最初に別のマレーシア人女性と会って驚いたのは、専業主婦である彼女が、小さな子供を置いて東京に遊びに来ていたことでした。その後も毎年2〜3週間のバカンスに出かけていて、子育てのストレスの具合がかなり日本と違います。旅行のときは実家やメイドさんに子供を見てもらうのです。
旦那さんに聞くと、「彼女が幸せなら僕もハッピー」と笑ってます。

翻って、日本では、美容院に行くのに子供を預けるのも大変だ、という人がいます。

どうしてこんなに違うのだろう? 
いつ考えても謎ですが、今日はわからないなりの仮説を書いてみます。


子育てが大きな問題にならないわけ

マレーシアは「チャイルド・フレンドリー」な国として知られています。街を歩けば家族づれが多く、いまだに大家族で行動する人が少なくありません。

暮らしてて感じるのは、「子供が好きで仕方ない」という人たちの存在です。

レストランに行けば、子供をあやしにくる店員さんがいます。多くがベビーチェアを用意してます。

私はよくマレーシアのメディアの人々と出張旅行に行きます。前回は3組ほど、子供連れできてる記者がいました。そして、子供達がだいたい、誰かに可愛がられている状況です。それも男性のカメラマンやら記者たちが交互に(他の人の子供を)抱っこしたり手を繋いだりして、可愛がっているのです。

あるマレー人男性は「子育てはここでは男の仕事でもあるからね」と教えてくれました。確かに、街には赤ちゃんを抱っこしたりベビーカーを押す男性がたくさんいます。最近は日本でも増えてきたみたいですね。

マレーシアには公的な保育の補助はほとんどないのですが、それでも人々が子供を育てながら働けるのは、人々の意識も大きいかもしれないです。


家事分担で争わない

家事分担で夫婦が争っているのもあんまり見ません。

マレーシアではメイド文化というものがあります。
中間層以上になると、メイドさんを雇っている家が多いです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本人の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Chuck_euoni 外食こんだけ安いと楽だ…献立考えて買い物して作って洗い物してるだけで疲れちゃうもん。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

extraetoflimes 江戸時代までは子供は皆で育てるから父親母親関係なく子育てしたと、確か汐見稔幸先生の本で読んだ覚えがあるわ。。 4ヶ月前 replyretweetfavorite