蕎麦屋でカツ丼か鍋焼きか迷う幸福を【カツ丼】長寿庵

地元民から愛される絶品メニューがある。キャベツがぱりっと新鮮。漬け物はできる限り自家製。安い。女ひとりもOK。5条件を満たす定食屋を『東京の台所』の著者・大平一枝(おおだいらかずえ)が訪ね歩く。儲けはあるのか? 激安チェーン店が席巻するなか、なぜ地価の高い都会で頑張るのか? 絶滅危惧寸前の過酷な飲食業態、定食屋店主の踏ん張る心の内と支える客の物語。都会の高級住宅地で踏ん張り続ける蕎麦店を紹介する。

負けないぞと思ってないと、すぐ負ける

 東急田園都市線で渋谷駅の隣、池尻大橋駅から徒歩3分に長寿庵はある。少し歩けばおしゃれな三宿、隣駅は三軒茶屋でありながら、店名どおり、どこまでも懐かしくて安らげる、大衆的な蕎麦屋である。



チェーン店が続く商店街の一角に佇む。1964年開店

 立地と、店の雰囲気に驚いていると、地下を見学してさらにびっくり。




 自宅兼店舗の小さなビルの地下に、製麺所があったのだ。店主の儘田裕一(ままだゆういち)さんがここで午前9時から1時間、その日提供する分だけを毎朝製麺している。


製粉は、創業100年以上の小田原・久津間製粉から仕入れている

「目黒区東山は、たしかに地価は安くはないです。うちはまだそんな高くない頃、群馬から上京した父が苦労して昭和39年にここに店を開いたので。両親、姉の家族経営だからやってこれたようなものです。とはいえ池尻はチェーン店だらけですから、頑張らないと。チェーン店の研究力ってすごいから、負けないぞって強く思ってないと、すぐ負けちゃいます」


 じつは、池尻大橋、最後の蕎麦店である。

 ほっと安らげるする理由はいくつもある。

 蕎麦以外に丼もの、うどん、ラーメンから肉じゃがやさばの味噌煮などの一品料理に至るまで、品数が豊富。

 味付けはだしと醤油がきいた甘辛味で、満腹感を得られる。

 どれもボリュームたっぷり。



ちょっと食べたいときに嬉しい小鉢麺500円。きりりとしまった香り高い蕎麦


 そして、10年あまり働いているというパートさんも含め、店の人々がみな明るく朗らかで、愛想がいい。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

台所の数だけ、人生がある。お勝手から見えてきた、50人の食と日常をめぐる物語。

東京の台所

大平 一枝
平凡社
2015-03-20

この連載について

初回を読む
そこに定食屋があるかぎり。

大平一枝

絶滅危惧種ともいわれながら、今もなおも人々の心と胃袋をつかみ、満たしてくれる「定食屋」。安価でボリュームがあり、おいしく栄養があって…。そこに定食屋があるかぎり、人は店を目指し、ご飯をほおばる。家庭の味とは一線を画したクオリティーに、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

0ta9w 相変わらずこの連載は文章力と愛情がとんでもないな……! 9日前 replyretweetfavorite

hirock1111 今度行こうか、先輩。 9日前 replyretweetfavorite

soramame_tette 鍋焼きうどんいいなあ。今回もおいしそう。→ 10日前 replyretweetfavorite

st01_madox #スマートニュース 10日前 replyretweetfavorite