使える哲学

仕事に効く! 議論の実用スキル クリティカルシンキング講座

『哲学思考トレーニング』の著者である伊勢田哲治・京都大学文学研究科准教授のガイドに沿って、哲学の思考スキルを学んでいこう。議論の質を高めてくれるはずである。

 クリティカルシンキングとは何か。一口で言うと「主張をきちんと吟味する」ことである。

 基本としては次の三つを行う。

(1)議論の明確化
(2)前提の検討
(3)推論の検討

 この三つをはっきりさせ、(2)や(3)が本当に妥当なものかどうか点検する。ビジネスマンがそのスキルを実践するには、何に気を付けるべきか。

 一般的な議論の構成要素には、主張(「結論」)とその理由となる主張(「前提」)、それに前提と結論をつなぐ「推論」がある。

 簡単そうに見えるため意外におろそかにされがちなのは、主張の内容を正確に捉えることだ。ほとんど同じ結論に見えても、微妙な差で全く違う結論になることがある。結論が違えば、その結論を導き出すために求められる理由や根拠(前提)も変わってきてしまう。

 そうした結論の文末の言い回しと、それに対応する根拠をまとめたものが下表である。

 次の主張を例に、具体的に確認しておこう。これらは似たようでいて、内容はそれぞれ全く違う。

[主張1]アラブ人は全て米国の政策に反対する。
[主張2]アラブ人の中では米国の政策に反対する人の方が多い。
[主張3]アラブ人は米国の政策に反対することがあり得る。
[主張4]アラブ人は米国の政策に反対するのが必然的である。
[主張5]アラブ人は米国の政策に反対してもよい。

 それぞれの主張をサポートするために、どんな根拠が必要となってくるか。[主張1]は一人でも反対しない人がいたら成り立たない。[主張2]を主張したいのであれば、アラブ人全体の傾向が分かる何らかの統計的データが求められる。他の人々より多いというなら、例えば日本人などとのデータ比較も必要だ。

 これに対して、[主張3]であれば、現実のアラブ人を引き合いに出す必要すらなく、「こういう状況に置かれたら反対するだろうといった思考実験」(シミュレーション)をやってみるだけでいい。[主張4][主張1]よりも強い主張で、現実のアラブ人が皆反対していると示した上、アラブ人に関するシミュレーションを行い、反対しないアラブ人は存在し得ないことを示さなくてはいけない。

 [主張5]は「価値判断」と呼ばれるもので、こうした主張の根拠としては現実のデータもシミュレーションも必要ない。必要なのは、どういう前提条件が成り立つ場合に「反対してもよい」かという一般的な価値基準を見つけ、それが現実のアラブ人に当てはまっているかどうかを判断する。

 結論を理解し、どういう根拠が挙げられているか分かったら、次にすることは、推論の流れをはっきりさせることである。そこでは「接続詞」が重要な役割を果たす。

 上表を見てほしい。二つ以上の前提が一つの結論を導いているとき、「また」などが使われるのは「単純並列型」、「そして」「かつ」などの場合は前提がつながっている「組み合わせ型」であることが多い。

 組み合わせ型の結論を覆したいときは、つながっている根拠の一方に反論すれば結論は覆る。それが単純並列型の場合、全ての根拠に反論しないといけない。

 接続詞で分かる議論の構造の違いは、反論を考える戦略に関わってくる。基本ポイントとして押さえておこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/8号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-03

この連載について

初回を読む
使える哲学

週刊ダイヤモンド

「物事の本質は何か?」「人間とは何か?」「正しいとは何か?」──。そんな答えの見えない難問に、人は2500年にわたって挑んできた。この間、連綿と培われてきた哲人たちの洞察や思考スキルが、ビジネスや仕事に使えないはずがない。先の見えない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード