使える哲学

なぜ哲学がビジネスに必要なのか

哲学者は思考と論理のプロフェッショナルである。物事を吟味しながらとことん考え、論理(ロジック)の力を使い的確に伝える。そのスキルを学び、修得していこう。あなたの強い武器になる。

 「哲学」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるだろうか。

 おそらく、「役に立たない」「小難しい」「堅苦しい」といったあたりのはず。少なくとも哲学が「稼ぐ」という俗世間から最も縁遠いイメージを持つ学問であることは間違いない。

 しかし、それは誤りである。フランスの哲学者、デカルトの有名な言葉をもじれば、「われ思う、故にわれ“稼ぐ”」をもたらすのだ。


拡大する

 「大哲学者になる夢を持っていた」と世界三大投資家の一人、ジョージ・ソロスが著書で明かしたように、彼は科学哲学の大家、故カール・ポパーに師事し、哲学博士号を取得した。

 若き日のソロスは、トレーダーの仕事は生活のためで、自由時間を哲学研究に充てた。その中で考案した数々の哲学概念が、彼を世界的富豪にする原動力になったことは有名な話だ。

 同じく米国の伝説的な投資家、ビル・ミラーは昨年、母校の一つの米ジョンズ・ホプキンズ大学哲学科に、日本円で80億円を超える金を寄付した。その理由は、自身に成功をもたらした「哲学で培われた分析力と心の在り方」への恩返しだ。

 投資家だけではなく、米シリコンバレーの有名起業家にも哲学出身者は想像以上に多い。

 代表格はペイパルの創業者、ピーター・ティールだろう。彼は著名な哲学者、故ルネ・ジラールに師事し、哲学の学位を取得した。伝記によれば、ジラールの理論の中核である「模倣理論と競争」が、ティールの「逆張り戦略」に大きな影響を与えたとされる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/8号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-03

この連載について

使える哲学

週刊ダイヤモンド

「物事の本質は何か?」「人間とは何か?」「正しいとは何か?」──。そんな答えの見えない難問に、人は2500年にわたって挑んできた。この間、連綿と培われてきた哲人たちの洞察や思考スキルが、ビジネスや仕事に使えないはずがない。先の見えない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード