SNSが怖い

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、誰もが世の目にさらされる可能性があるSNS 全盛の昨今、そのかかわり方について、堀本さんならではの視点でモノ申します。

SNSとは、

と調べると、「social networking serviceの略で、人と人との交流を手助け、促進するためのインターネット上のサービス」と出て来ます。

Facebook、Twitter、Instagramなど、その種類は様々です。

最近では国民的スーパーアイドル「嵐」も、このツールの利用を開始し、大きな話題となりました。

私は、モデル業を29年間やっていますが、SNSは一切やっておりません。

「が」と言ったのは、今ではモデルさんはほぼSNSをやっていて、むしろやっていない方が珍しい、みたいな時代になって来ているからです。

モデルでなくても、タレントさんは勿論、一般主婦の方々まで、日々ご自分の情報を世の中に発信していらっしゃるようです。

「ようです」と言ったのは、私は自分がSNSをやっていないのみならず、人様のを「見る」事もほぼないからです。

「ほぼ」と言ったのは、たまーに、テレビ出演などモデル以外のお仕事をさせていただく機会があり、その際に、共演する方々の年齢やお仕事について、芸能界に疎い私は、失礼のない程度に知っておいた方が良いと考えて、お名前を検索する機会があるからです。

でもその時のなんとも言えない後ろめたいようなモヤッとした気持ち。

これから会う人のお名前を検索ワードに入れる時、なんだか自分がとても「はしたない」事をしているように感じてしまいます。

何故でしょうか?

それはきっと、ひとたびクリックしようものならその方が超有名人であろうがなかろうが、驚くほどたくさんの情報が一気に目に飛び込んで来るからです。

私が知りたかったのはせいぜい年齢とこれまでのお仕事内容、もう少し踏み込んで既婚かどうか、お子様がいらっしゃるかどうかくらいなのに、

「え?この人過去にこんなことがあったの?」やら

「そんな疑惑があるのか」やら

「一般的にはこんな評判なのか」などなど、そこまでは知らなくて良い、むしろ知りたくなかった情報までもがどんどん出て来てしまうのです。

その人は私に(というか、誰にも)これを知られたくないのではないだろうか・・・勝手に覗き見してしまってごめんなさい、というような気持ちになります。

一般的にはこれから会う人の名前を事前にネット検索したりはしないと思うので(する人もいらっしゃるかも知れませんが)、私の場合はレアケースと言えるかも知れません。

そしてその情報量を目の当たりにした時には、芸能人、有名人というのは大変だなぁと思わざるを得ません。

何故なら、ネット上の情報には少なからず「嘘」が混ざっているのに、活字になっている時点であたかもそれが真実のようになってしまっているからです。(今更私がいう事でも無いとは思いますが)

私はふと、私くらいの人間(名もなきモデル、旦那が役者)でも、この人どんな人なんだろうと、共演予定の方が検索されているかも知れないと、普段夫に「ろくなことがないから」と禁じられている

「エゴサーチ」(自分の名前を入力して調べる事)をしてみました。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。 最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始!...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません