日本はお宝島。ってことで独自の繁栄をめざそう!

映画配給もTV放送もヒットチャートも、SNSもIT技術も言語障壁のおかげでメディア鎖国状態の日本。言葉の壁を破ってもその背後には市場規模の壁が~~~。ということで発想転換して、不思議な日本文化を売ってみましょう。独自路線を目指しましょう。という、「お金の話」最終回です。

世界基準のサービスが、なぜ日本から出てこないのか

 日本のITがなぜ遅れているのかというと、おそらく日本語のマーケットというのが、世界中から狙われていないせいで、これまで割と日本独自なものを作っちゃっていたからだと思います。そのために、日本から外に出られなくなった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載は、下記の本の内容が元になっています。

この連載について

初回を読む
これからを生きるための無敵のお金の話

ひろゆき

なぜ、あなたはもっとお金が欲しいのか? お金ってそもそも何なのか? お金の不安から開放されて、毎日楽しく生きるためには、何が必要なのか? お金哲学から、資産をつくる確実な方法、youtube時代の稼ぎ方などの実践まで。2ちゃんねる、ニ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kirghisia 中国やアメリカのような大陸では、ベーシックインカムは成立しないので、そういう意味でも独自路線を進んでいったらいいと https://t.co/xJfAredG11 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kirghisia AIがものすごい生産性を発揮して、利益を生むようになったとしても、その利益はたぶん独占されるでしょう。で、独占する会社は日本からは出てこないと思うので https://t.co/xJfAredG11 約2ヶ月前 replyretweetfavorite