いつになったらきな粉をこぼさずに食べられるのだろうか【山梨県・信玄餅】

今回のテーマは山梨県の信玄餅です。もちもちとした求肥と黒蜜はつらい社会人生活にも至福のひと時を与えてくれます。今回はスタンダードな信玄餅のほかに「信玄餅ロール」と「信玄プリン」も実食。さらに、どうしてもきな粉を噴いてしまう読者のみなさんのため、カレー沢さんが「屋外で全裸で食べる」という秘策も提案してくれました! 「正しい信玄餅の食べ方」も試してみてくださいね。

今回のテーマは「桔梗信玄餅」である。

信玄餅についてはご存じの方も多いと思うが、求肥ともち米で作った餅にきなこをまぶし、黒蜜をかけて食べる山梨の和菓子のことである。

名前の由来は諸説あるが、その名の通り、武田信玄が絶賛したためとも言われている。


故:武田信玄

もし自分が武将で「この冷や飯に三日前のシチューをぐちゃぐちゃに混ぜた奴うまいな」と言って「ならばこれは「カレー沢飯」と名付けましょう」と進言されたら「やめろ」と首を刎ねていると思う。 このように、己のちょっとした言動で、物に自分の名前がつけられ、後世まで残ってしまうのが偉人の辛いところである。

だが、信玄餅は美味いので武田信玄も多分悪い気はしていない。

信玄餅を名乗るための熾烈な戦いがあった

今回取り上げる「桔梗信玄餅」は「信玄餅」と何か違うのかというと、商標の問題で「信玄餅」と名乗れるのは山梨県北杜市にある金精軒の製品のみだからである。

桔梗信玄餅を作っている「桔梗屋」も当初は「信玄餅」と名乗っていたようだが、裁判で敗れたため今の「桔梗信玄餅」になったそうだ。 この連載をやってわかったことは「食い物は割と権利で揉める」ということである。
だが、それはもう終わったことであろう。桔梗屋信玄餅の話に戻る。


信玄餅でおなじみ、容器いっぱいのきなこだ!

桔梗屋の特徴は、桔梗信玄餅を積極的に洋菓子と融合させているところにある。
今回は普通の桔梗信玄餅に加え、桔梗屋信玄餅生ロール、桔梗信玄プリンが送られてきた。その他に桔梗信玄餅アイスなども売られているようだ。
スタンダードな信玄餅と和菓子を製造している金精軒との差異が感じられる。

まず基本の桔梗信玄餅だが、信玄餅と言えば「食いづらさ」でも有名である。 容器いっぱいの「きなこ」が詰まった上に黒蜜をかけた時点で、もはや表面張力で持ちこたえているような状態になる。 それをこぼさずに食うなんて皇族でも無理であろう。

多分皇族は皿に移して食うのでそんなことで悩んだことはないと思うが、我々庶民は少しでも洗い物を減らしたいのだ。


これが皇族の食べ方か……

だが、信玄餅も桔梗屋信玄餅もこの容器を変えようとしない。 21世紀になっても、頑なに平皿でみそ汁を出すような真似をしてくる。我々は何か試されているのか。

「正しい信玄餅の食べ方」で風呂敷使いになろう

そう思っていたが、数年前ネットで「正しい信玄餅の食べ方」が話題になったことで、この問題は一応の解決を見せた。
信玄餅は、容器を包んでいる風呂敷のような包みの上に、餅ときなこを出し、黒蜜をかけ、包むように黒蜜をまぶした後、食べるのが正しいのだそうだ。 包みは広く、黒蜜ときなこがよくなじむため、多少の鼻息ではきなこは飛び散らなくなる。

武田信玄、いかにも鼻息荒そうだし、むしろ「食いづれえ」と出した奴の首を刎ねたことからこの名前になったのでは、と思っていたが、謎が解けた。

だが、信玄餅や桔梗信玄餅は、この食べ方を知る前でも「きなこ飛び散るから、もらっても嬉しくない」ということはなかった。 三歳児のいる家庭や、オフィスへの土産としては若干センスがないが、例え粉まみれになっても嬉しいのが信玄餅なのである。

とにかく、きなこの気前がよく、餅と黒蜜との相性もばっちりだ。もしきなこの量が、容器から溢れない程度だったら魅力は半減だと思う。
贅沢を言えば黒蜜も二倍ぐらいあった方が良いので、私は自宅にあるマイ黒蜜を追い黒蜜して食べている。

信玄の意図を越えたニュー信玄餅

桔梗信玄餅は記憶と違わぬ間違いのない美味しさであったが、せっかくなので、生ロールとプリンも食べてみよう。

まず生ロール、率直に言って信玄餅の原型がない。 武田信玄も「こんなの食ってねえよ」と思うだろう。しかし、食べてみると確かに信玄餅なのだ。 クリームにきなこと黒蜜の味がしっかりとしている上に、餅もちゃんと入っている。
プリンもきなこ風味のプリンに、カラメルの代わりに黒蜜をかける仕様で、完全に信玄餅である。 ただ、プリンは餅要素がないため、信玄餅プリンではなく、信玄プリンと名乗っている。 この勢いで「信玄餅プリン」と名乗ってしまわないところが誠実である。
これは、三歳児のいる家庭やオフィスに持って行っても喜ばれる新しい形の信玄餅だ。

ちなみに今回はじめて「正しい信玄餅の食べ方」を試してみた。 その結果、本格的に不器用な人間は、包みに餅を乗せる時点できなこを飛散させるということが判明した。

信玄餅をベストな状態で食べるには、屋外で全裸で食べるなど、まだまだ食べ方に模索が必要である。 それを考えると、ロールケーキやプリンという形はやはり画期的である。

(次なる食材の旅へと続く……)

この連載について

初回を読む
カレー沢薫のひきこもりグルメ紀行

カレー沢薫

「ひきこもりグルメ紀行」とは、無職の漫画家・カレー沢薫氏が「部屋から一歩も出ずに全国津々浦々の食い物を手に入れ、部屋から一歩も出ずに食う」試みである!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tamanya7 我も包みに餅を乗せた時点で、盛大にきなこを… https://t.co/GTO8HsCd3d 3日前 replyretweetfavorite

gumihatori きな粉をこぼして掃除機をかけるの面倒くさいの… https://t.co/Rc77MHlzwO 3日前 replyretweetfavorite

wisdomcitron79 https://t.co/znHMDMeW6j 3日前 replyretweetfavorite

uwinookuyama 信玄公の鼻息に風評被害で笑った 3日前 replyretweetfavorite