嫌われる勇気

第二夜 vol.7 青年は叫ぶ。「なぜわたしが嘘をついていると断言するのです!?」

困惑する青年に向かって哲人は語ります。「あなたは〝人生のタスク〟から逃げている」と。いったい人生のタスクとはなんなのか。二人の議論は「人生の嘘」という厳しい言葉を経由し、やがてアドラー心理学の本質へと迫っていきます。白熱の第二夜、ついに最終回です。

 人はひとりで生きていくことなど原理的にありえず、社会的な文脈においてのみ「個人」となる。だからこそアドラー心理学では、個人としての「自立」と、社会における「協調」とを大きな目標として掲げる。では、どうすればそれらの目標を達成できるのか? アドラーはここで、「仕事」「交友」「愛」という3つのタスクを乗り越えよ、と語る。人が生きていく上で直面せざるをえない、対人関係のタスクを。青年はまだ、その真意を測りかねていた。


人生の嘘から脱却するために

青年 ああ、また頭が混乱してきましたよ。先生はいいましたね。わたしが他者を「敵」だと見なし、「仲間」だと思えないのは、人生のタスクから逃げているせいだと。あれは結局どういう意味なのです?

哲人 たとえば仮に、あなたがAという人物のことを嫌っているとしましょう。なぜなら、Aさんには許しがたい欠点があるからだ、と。

青年 ふふふ、嫌いな人間でしたら、何人でも候補が浮かびますよ。

哲人 しかしそれは、Aさんの欠点が許せないから、嫌っているのではありません。あなたには「Aさんのことを嫌いになる」という目的が先にあって、その目的にかなった欠点をあとから見つけ出しているのです。

青年 そんな馬鹿な! なんのために!?

哲人 Aさんとの対人関係を回避するためです。

青年 いやはや、いくらなんでもそれはありえません! どう考えたって順番が逆でしょうに。嫌なことをされたから、嫌いになった。でなければ嫌いになる理由がありません!

哲人 いいえ、違います。たとえば恋愛関係にあった人と別れるときのことを思い出すと、わかりやすいのではないでしょうか。恋人や夫婦の関係では、ある時期を境にして相手のやることなすこと、すべてに腹が立つようなことがあります。食事の仕方が気に食わないとか、部屋にいるときのだらしない姿に嫌悪感を抱くとか、あるいは寝息でさえも腹が立つとか。つい数ヶ月前まではなんとも思っていなかったにもかかわらず、です。

青年 ……ええ、心当たりはありますね。

哲人 これはその人がどこかの段階で「この関係を終わらせたい」と決心をして、関係を終わらせるための材料を探し回っているから、そう感じるのです。相手はなにも変わっていません。自分の「目的」が変わっただけです。
 いいですか、人はその気になれば、相手の欠点や短所などいくらでも見つけ出すことができる、きわめて身勝手な生き物なのです。たとえ相手が聖人君子のような人であったとしても、嫌うべき理由など簡単に発見できます。だからこそ、世界はいつでも危険なところになりうるし、あらゆる他者を「敵」と見なすことも可能なのです。

青年 では、わたしは人生のタスクを回避するため、もっといえば対人関係を回避するため、ただそれだけのために他者の欠点をでっち上げているのだと? そして他者を「敵」と思うことで逃げているのだと?

哲人 そうなります。アドラーは、さまざまな口実を設けて人生のタスクを回避しようとする事態を指して、「人生の嘘」と呼びました。

青年 ……。

哲人 厳しい言葉でしょう。いま自分が置かれている状況、その責任を誰かに転嫁する。他者のせいにしたり、環境のせいにしたりすることで、人生のタスクから逃げている。先ほどお話しした赤面症の女学生も、みな同じです。自分に嘘をつき、また周囲の人々にも嘘をついている。突き詰めて考えると、かなり厳しい言葉です。

青年 しかし、なぜそれを嘘だと断じることができるのです!? わたしがどんな人に囲まれ、どんな人生を過ごしてきたのか、先生はなにもご存じないでしょう!

哲人 ええ、わたしはあなたの過去について、なにも知りません。ご両親のことも、お兄さんのことも。ただ、わたしはひとつだけ知っています。

青年 なにを!?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
嫌われる勇気

岸見一郎 /古賀史健

「世界はどこまでもシンプルであり、人はいまこの瞬間から幸せになれる」――古都のはずれに、そんな持論を語る哲学者が住んでいました。人間関係に苦悩し、人生の意味に悩む「青年」は、到底納得することができず、その真意を確かめるべく哲学者(哲人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

porpor35 「いま自分が置かれている状況、その責任を誰かに転嫁する。他者のせいにしたり、環境のせいにしたりすることで、人生のタスクから逃げている。」 5年弱前 replyretweetfavorite

fumiken 【嫌われる勇気】アドラー心理学をめぐる対話篇、 5年弱前 replyretweetfavorite