用件は分かっている。何も言うな」|意気軒高(六) 1

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚!
早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は
どのような人物だったのか?
幕末の佐賀藩に生まれ、
明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切り拓いた男の思想と生涯とは。
青年期から最晩年まで、
「走る人」「闘う人」「創る人」「聞く人」として駆け抜けた、
令和版大隈像をお楽しみください。

 安政七年(一八六〇)に井伊直弼が桜田門外で暗殺された後、幕府の実権を握ったのは老中の安藤信正だった。井伊の強硬策が裏目に出たと判断した安藤は朝廷との融和を目指し、将軍家茂と皇宮和宮の婚姻を進めた。だが、こうした公武合体策は「朝廷をないがしろにするもの」として尊攘派志士らの不興を買い、文久二年(一八六二)一月、安藤は水戸藩尊攘派に襲撃される。坂下門外の変である。

 この時、安藤は一命を取り留めるが、背中に傷を負ったため、「武士にあるまじきこと」として老中を罷免させられた。

 直接の下手人である水戸藩尊攘派浪士六人は、その場で斬殺されたが、関係者が次々と捕縛された。というのもこの変には著名な儒学者の大橋訥庵が関係しており、訥庵の弟子をはじめとした多くの者たちが入牢させられたのだ。

 その中には、江戸昌平黌に留学中の中野方蔵もいた。中野は訥庵に弟子入りし、尊皇攘夷論者となっていたからだ。

 これに佐賀藩首脳部は動揺した。これまでは政治活動に関与していても、佐賀藩士から政治犯を出したことはなかったからだ。しかし真偽は定かでなく、取り調べの結果を待つという形になった。江戸藩邸と国元の間を頻繁に使者が往来し、藩庁は対応に苦慮していた。

 中野は義祭同盟の中心人物の一人なので、枝吉神陽をはじめとした義祭同盟の面々は、何としても救い出そうということで一致した。

 中野の親友の江藤が中心になり、藩庁に中野の助命嘆願と佐賀召還を申し入れるよう働き掛けたが、いまだ幕威を恐れる藩庁は、何の働き掛けもしない。

 その後、中野が伝馬町の獄舎に入れられたと聞いた江藤らは焦った。というのも伝馬町の獄舎の衛生状態は劣悪で、半年から一年で病死すると伝え聞いていたからだ。

 そして最悪の事態を迎える。

 度重なる嘆願に藩庁がようやく動き出そうとした六月、中野の死が伝えられた。これまでも政治犯として幕府に捕まり獄死させられた者は多いが、佐賀藩士としては初めてで、佐賀家中に衝撃が走った。

 大隈の回顧談によると、「(中野は)余の先輩中において実に第一流の人士」であり、「学問あり、見識あり、資性敏活にして儕輩(仲間)に数歩を抜く」といった人物だったという。

 二十八歳という早すぎる死だった。

 むろん義祭同盟の面々の怒りと嘆きは並大抵ではなく、とくに唯一の理解者を殺された江藤は自暴自棄になっていた。

 江藤の家は、以前に来た時にも増して汚れていた。何かが腐ったような匂いが立ち込め、柱の根元はカビで白く変色している。どうやら白蟻にもやられているらしく、大隈が框に腰掛けようとすると、多数の小さな影が穴に逃げ込んでいくのが見えた。

「入ります!」と大隈が言うと、奥から「おう、入れ」という声が返ってきた。

 塵の積もった廊下を進むと、江藤は長くなった髪をかきむしりながら、机に向かっていた。

「用件は分かっている。何も言うな」

「そんなことを言われても、私は神陽先生から仰せつかった使者です。何も言わずに帰るわけにはいきません」

「尤もだ。何を言うかは分かっているが、口上を聞こう」

「脱藩すると聞きました。義祭同盟の総意として翻意することを促します」

「口上はそれだけだな。終わったら帰れ」

 江藤が筆を振って追い払うような仕草をしたので、大隈は鼻白んだ。

「お待ち下さい。大恩ある神陽先生に対して、伝言もないのですか」

「恩は恩。志は志だ。男子一生において、師への大恩と世話になった傍輩への義理よりも大切なのが志を貫くことだ。神陽先生なら分かって下さるに違いない」

「分かりました。先生にはそう伝えます」

「そうしろ。分かったら帰れ」

 大隈が正座から胡坐に足を組み直す。

「ここまでは使者としての仕事です。ここからは同志としての話です」

「まだあるのか」

 江藤がうんざりしたような顔をする。

「藩庁に決意書と脱藩届を出したと聞きました」

 大隈が問うと、江藤があっさりと答えた。

「ああ、出したよ」

 江藤は藩庁にあてた決意書の中で、「朝廷が攘夷論に占拠され、全国が攘夷の風潮に覆われていることは天下万世の大不孝であり、今は航海と造船の術を学び、時宜を見て通商交易の計略をめぐらすべし」といった開国通商論を述べていた。つまりこの考えを天朝に伝えることこそ「当世の先務」なので、脱藩させてもらうというものだった。

「これまで、佐賀家中で脱藩した者はいません」

「それがどうした。先駆けとは、めでたいではないか」

「脱藩は大罪です。場合によっては死罪となります」

「分かっている」

 江藤は、大隈を見ずに何かを書くことを続けている。

「しかも脱藩届など出した上で、脱藩する者など聞いたことがありません」

「だろうな」

「江藤さん、切腹の命が下るかもしれないんですよ」

 江藤が筆を置くと言った。

「そんなことは百も承知だ!」

 雷鳴のような怒号が家を軋ませる。

「わしは、こそこそ逃げるように脱藩するのは嫌だ。脱藩する日時を藩庁に明らかにし、お城の前まで行き、拝礼してから出ていく。もちろんその前に切腹を申し付けられたら、腹を切るまでだ」

「何という頑固者か」

「何だと!」

 江藤の平手が飛んできた。大隈はよけられると思ったが甘んじて受けた。

 さすがに凄い衝撃で、背後の襖の辺りまでのけぞった。

 —全く厄介な御仁だ。

 口の中は切れ、血の味がする。

「こんなくだらん問答をしている暇はない。死罪となれば、残された時間はわずかだ。さっさと帰れ」

「まだ話は終わっていません!」

「お前も頑固だな。よいか、このまま誰も遺志を継がずば、中野は浮かばれぬ」

「そんな理由で遺志を継ぐなど、中野さんに無礼です」

 もう一度、平手が飛んできた。大隈が腕をついて体を支える。顔の左側ばかりが熱い。

「わしはわしのやり方を通す。神陽先生には申し訳ないが、わしにはわしの考えがある」

 言葉が出にくいと思ったら、唇が切れたようだ。

 —これは引き止められないな。

 江藤の脱藩の意志は固く、さすがの大隈もあきらめざるを得なかった。

「趣意は分かりました。もう止めません」

「分かればそれでよろしい」

 江藤が首に掛けていた手巾を投げてきた。もちろん汗染みで汚れている。だが大隈は、江藤のせめてもの好意なので、それを唇に当てた。

「飲むか」

「はい」

 手元の割れ茶碗に徳利の酒を注ぐと、江藤が差し出してきた。それを大隈が一気に飲み干す。

 茶碗は一つしかないらしく、大隈から茶碗を奪った江藤は手酌で酒を注ぎ、同じように飲み干した。

「これから切腹を命じる使者が来なければ、明朝には京へ向けて発つ。これが今生の別れになるやもしれん」

 京に行くだけで死ぬとは思えないが、江藤は江藤で、何がしかの覚悟をしているのだろう。

「飲め」

「いただきます」

 二人の男は黙って酒を飲み続けた。

 この後、藩庁から上使が来なかったので、堂々と佐賀を後にした江藤は、かつて中野から「会うべし」と言われていた久坂玄瑞に会おうと長州藩京都藩邸を訪れる。しかし久坂は不在で、代わりに桂小五郎と会った。ここで桂と意気投合し、桂の紹介で勤皇公家として有名な姉小路公知にも面談した。姉小路は江藤を大いに気に入り、家臣の列に加えると言ったが、江藤はこれを固辞し、書いてきた『密奏の議』を孝明天皇に奉じてもらった。

 実はこの頃、孝明天皇は兵庫港を閉鎖して即時の攘夷断行を唱えていた。それゆえ攘夷反対を説いても受け入れられないと思った江藤は、この書で「攘夷は相手を見極め、無礼な国にだけ仕掛けるべし」という攘夷選別論を論じた。

 その後、閑叟が上洛するとの一報に接した江藤は、閑叟に国事を周旋させようと、帰藩を決意する。

 江藤の脱藩期間はわずか三カ月だった。

<次回は1月16日(木)更新です>

コルク

この連載について

初回を読む
威風堂々 幕末佐賀風雲録

伊東潤

豪腕作家として知られる伊東潤が描く、大隈重信の成長譚! 早稲田大学の創始者で、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信という男は どのような人物だったのか? 幕末の佐賀藩に生まれ、 明治期に藩閥政治から立憲・政党政治への道筋を切...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません