嫌われる勇気

第二夜 vol.5 青年は詰問する。「怒りを感じない人間なんて嘘だ!」

「人生は他者との競争ではない」「他者はあなたを陥れる敵ではなく、仲間である」と哲人は言う。だとしたら、そこらへんの見ず知らずの人間も仲間だというのか。みんなでお手手をつないで、仲良しこよしになれとでも言うのだろうか——。なぜ、アドラー心理学は「他者との競争」を完全に否定するのか? 今回の連載では、その理由にさらに踏み込んで行きます。問題の核心は、やはり「対人関係」にありそうです。

 厳格な両親に育てられた青年は、幼いころからずっと兄と比較され、虐げられてきた。どんな意見も聞き入れられず、出来の悪い弟だと言葉の暴力にさらされてきた。学校でも友達をつくれず、休み時間はずっと図書室にこもっていた。図書室だけが自分の居場所だった。そんな少年時代を過ごしてきた青年は、まさに原因論の住人だった。もしもあの親の下に育たず、あの兄が存在せず、あの学校に育っていなければ、自分にはもっと明るい人生があったはずだと。なるべく冷静に議論しようとしていた青年だったが、ここにきて積年の思いが爆発してしまった。


権力争いから復讐へ

青年 いいですか先生、目的論など詭弁であり、トラウマは確実に存在します! そして
人は過去から自由になることなどできない! 先生もお認めになったでしょう? われわれはタイムマシンで過去にさかのぼることはできないのだと。過去が過去として存在しているかぎり、われわれは過去からの文脈のなかに生きているのです。もしも過去をなかったものとするのなら、それは人生を否定しているも同然です! 先生はそんな無責任な生を選べとおっしゃるのですか!

哲人 そう、タイムマシンに乗ることもできなければ、時計の針を巻き戻すこともできません。しかし、過去の出来事にどのような意味づけをほどこすか。これは「いまのあなた」に与えられた課題です。

青年 では、「いま」の話を聞きましょう。前回、先生は「人は怒りの感情を捏造する」とおっしゃいましたね? 目的論の立場で考えるとそうなるのだ、と。わたしはいまだにあの言葉が納得できません。
 たとえば、社会に対する怒り、政治に対する怒りなどの場合はどう説明されます? これもまた、自らの主張を押し通すために捏造された感情だといえますか?

哲人 たしかに、社会的な問題に憤りを覚えることはあります。しかしそれは、突発的な感情ではなく、論理に基づく憤りでしょう。私的な怒り(私憤)と、社会の矛盾や不正に対する憤り(公憤)は種類が違います。私的な怒りは、すぐに冷める。一方の公憤は、長く継続する。私憤の発露としての怒りは、他者を屈服させるための道具にすぎません。

青年 私憤と公憤は違うと?

哲人 まったく違います。公憤は、自身の利害を超えているのですから。

青年 じゃあ、私憤について伺います。いくら先生だって、さしたる理由もなく罵倒されたら腹が立つでしょう?

哲人 立ちません。

青年 嘘をついちゃいけません!

哲人 もしも面罵されたなら、その人の「目的」を考えるのです。直接的な面罵にかぎらず、相手の言動によって本気で腹が立ったときには、相手が「権力争い」を挑んできているのだと考えてください。

青年 権力争い?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
嫌われる勇気

岸見一郎 /古賀史健

「世界はどこまでもシンプルであり、人はいまこの瞬間から幸せになれる」――古都のはずれに、そんな持論を語る哲学者が住んでいました。人間関係に苦悩し、人生の意味に悩む「青年」は、到底納得することができず、その真意を確かめるべく哲学者(哲人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

milkcocoa 「怒りとは、しょせん目的をかなえるための手段であり、道具なのですから。」 https://t.co/AzJzaqAJvv 4年以上前 replyretweetfavorite

macerino おもしろいなこれー" 5年弱前 replyretweetfavorite

porpor35 「われわれは競争や勝ち負けの眼鏡を外してこそ、自分を正し、自分を変えていくことができるのです。」…他社と比べることを捨てたい。 5年弱前 replyretweetfavorite

kusanagikenta イヤなことを言ったり、自分を貶めたり。自分を見てもらう方法を、他に知らないからか。→ 5年弱前 replyretweetfavorite