嫌われる勇気

第二夜 vol.2 哲人は語る。「その劣等感は言い訳に過ぎない」

「すべての悩みは対人関係の悩みである」という哲人の主張に対して、強烈な違和感を感じる青年。どういう考えがあって、哲人は「すべて」などと断言するのか? ここからテーマは、私たちが対人関係を考えるときに直面する「劣等感」の話へと進んでいきます。じつは、「劣等感」という言葉の生みの親は、アルフレッド・アドラー、その人なのです——。

 哲人は語る。あなたは対人関係を怖れるあまり、自分のことを嫌いになっていたのだ。自分を嫌うことで対人関係を避けていたのだ。その指摘は、青年を大いに動揺させた。認めざるをえない、心臓を射抜くような言葉だった。しかし、人間が抱える悩みはすべて対人関係の悩みなのだ、という主張については、明確に否定しておかねばならなかった。アドラーは人間の抱える問題を矮小化している。わたしはそんな世俗的悩みに苦しめられているのではない!


劣等感はどこに向けられているのか

哲人 では対人関係について、ちょっと角度を変えたところから話をしましょう。あなたは劣等感という言葉をご存じですか?

青年 愚問ですね。いままでの話からもおわかりでしょう、わたしは劣等感の塊のような男ですよ。

哲人 具体的に、どのような劣等感を?

青年 たとえば新聞などを通じて同年代の人間が活躍している姿を見ると、どうしようもない劣等感を抱きますね。同じ時間を生きてきた人間があれほど活躍しているのに、いったい自分はなにをやっているんだと。あるいは、友人が幸せそうにしている姿を見たときも、祝福する気持ちよりも先に妬みや焦燥感が出てきます。もちろん、このニキビだらけの顔も好きじゃありませんし、学歴や職業、それから年収など、社会的な立場についても強い劣等感を持っている。まあ、どこもかしこも劣等感だらけです。

哲人 わかりました。ちなみに、劣等感という言葉を現在語られているような文脈で使ったのは、アドラーが最初だとされています。

青年 ほう、それは知りませんでした。

哲人 アドラーの使ったドイツ語では、劣等感のことを「Minderwertigkeitsgefühl」といいます。これは「価値(Wert)」が「より少ない(minder)」「感覚(Gefühl)」という意味です。つまり劣等感とは、自らへの価値判断に関わる言葉なのです。

青年 価値判断?

哲人 自分には価値がないのだ、この程度の価値しかないのだ、といった感覚ですね。

青年 ああ、その感覚はよくわかりますよ。わたしなど、まさにそれです。自分なんて生きている価値すらないんじゃないかと、毎日のように自分を責めてしまいます。

哲人 では、わたし自身の劣等感についてお話ししましょう。あなたは最初にわたしと会ったとき、どのような印象を持ちましたか? 身体的な特徴という意味で。

青年 ええっと、まあ……。

哲人 遠慮することはありません、率直に。

青年 そうですね、想像していたよりも小柄な方だと思いました。

哲人 ありがとう。わたしの身長は155センチメートルです。アドラーもまた、これくらいの身長だったそうです。かつてわたしは—まさにあなたくらいの年齢まで—自分の身長について思い悩んでいました。もし人並みの身長があれば、あと20センチ、いやせめて10センチでも身長が高ければ、なにか変わるんじゃないか。もっと楽しい人生が待っているのではないか。そう思ってあるとき友人に相談したところ、彼は「くだらない」と一蹴したのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
嫌われる勇気

岸見一郎 /古賀史健

「世界はどこまでもシンプルであり、人はいまこの瞬間から幸せになれる」――古都のはずれに、そんな持論を語る哲学者が住んでいました。人間関係に苦悩し、人生の意味に悩む「青年」は、到底納得することができず、その真意を確かめるべく哲学者(哲人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ketsu_debris 劣等感ってアドラーが発見した概念なんだ。 「その劣等感は言い訳に過ぎない」 https://t.co/13XtdcBnT0 4年以上前 replyretweetfavorite

porpor35 「主観にはひとつだけいいところがあります。それは、自分の手で選択可能だということです。」…さまざまな場面で適用できる考え方。一つの事実をよくもわるくもするのは自分の価値判断。 約5年前 replyretweetfavorite

mm0905 劣等感について新鮮な説明だと思いました⇒ 約5年前 replyretweetfavorite

larcfortdunord 「問題は…わたしがどのような意味づけをほどこすか、どのような価値を与えるか」せやね。 約5年前 replyretweetfavorite