家庭問題に翻弄された子も危ない!

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

家庭問題に翻弄された子も危ない!

 敏感で繊細な子は、家族のストレスも直に受けてしまいます。
 ある子の例です。
 ご両親が神経発達症で、子育てがうまくできませんでした。夫婦喧嘩をして離婚したのですが、どちらも子どもを引き取らないので、ある方が母親代わりとなり育てることになりました。
 学校に入ってから、私も呼ばれていろいろ学校での対応を相談しました。その方はものすごくまじめで熱心。そのおかげでその子も素直に育っていくのです。
 その子は、家庭でいろいろなストレスを受けて、育ちのトラウマがありました。それと、生まれ持った敏感さと神経発達症があります。対人関係が苦手で、敏感で、聴覚過敏。さらに、運動が苦手です。頭はいいのですが、「書き」のLD(学習症)で、読めるけれども書くことが苦手でした。
 勉強はできるほうでしたから、進学校に入ります。ところが、高校2年生のときに悪い仲間とつきあったりするようになり、非行に走ってしまいます。
 人がいいから、友だちもできる。その一方で育ての親に悪態をつく。
 それでもその方は、その子の面倒を見続けました。
 なんとか大学に入ることができたのですが、それまで張り詰めていた気が緩んでしまったのか、全然勉強しなくなって、すぐに大学に行かなくなってしまった。いいところがある子なのですが、あまりにも心が傷ついていて、ともすれば迷走してしまいやすい。危ういものを抱えています。
 この子の心の傷の一番の問題は、こうしたい、ああしたいという自我が弱いことです。父親から罵倒され、否定され、それを文句も言わずに堪えしのんできた。お母さんからは見放され、育ての親が母親代わりになってくれた。しかし、その方は愛情は注げても本来の親としての役割を果たせません。両親に対する葛藤が癒えない限り、自分の芯を持って生きていけるようにならないかもしれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yunoyuno55 HSCを育てる親に向けて、敏感気質(HSC)の特徴や傾向を解説! https://t.co/RzcMnlTFWp #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni わかるわ。ほとんど同じようなもんでびっくりした。 6ヶ月前 replyretweetfavorite