自分と向き合う人は、自分で選択ができる

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

自分と向き合う人は、自分で選択ができる

 逆に、すごいなと感心させられた中学生もいます。
 Yくんは学校に行っていません。でも、話を聞くと、「ぼくはこういう理由で学校に行かない」とちゃんと言えるのです。
「クラスの中でいじめをしている人がいて、それを黙認している先生がいる。自分はそれが不愉快だ。そんな不愉快なところに行って勉強したくないので行きません」と。大拍手です。「すごいね。君は大丈夫だから、思ったようにやりなさい」と、その子には言いました。
「ただ、ずっと家にいると生活リズムが狂ってきて、それを直すのは大変だから、まず生活リズムを作ること。それから、勉強をしないといざやろうと思ったときに自分が苦労するから、おうちで勉強しなさい」というアドバイスをしました。
 高校進学となると内申点が重要になって、これは提出物とテストの点数が7、8割なので、そこだけやっていれば、自分の選択で休んでいる分にはかまわないと言いました。ご両親にもそれは言いました。
 彼の考えていることを両親に伝えるのは、そのときは彼がまだ早いと感じているようだったので、彼が自分のタイミングで話すということで同意しました。
 実は、彼は私が通っている中学の生徒ではありません。噂を聞いて、いろいろな学校に通っている子どもの保護者が、いっぱい私のいる中学校に相談に来られるのです。その中の一人が彼のお母さんでした。
「今、自分が生きていくためのどの段階にいて、大事な課題は何か」ということに向き合える態勢に整えてあげれば、あとは、その子たちが自分で乗り越えていくことができます。
 私が彼を「すごいね」とほめたのは、「行けない」ではなくて、「行かない」と言ったからです。3年生になったらクラス替えがあるので、そうしたら行くそうです。
 そのクラスでまた嫌な子と一緒になるかもしれないし、また同じトラブルになるかもしれません。「でも、決めたならいいよ。やってみなさい。失敗したら、また私がアドバイスしてあげるから」と言ったら、意気揚々と帰っていきました。
 お母さんともいろいろ話をしたので、お母さんはその後、通っている学校やそこのスクールカウンセラーさんと話をしました。そして、本人が学校サイドと親にも「自分の気持ちはこうだ」という話ができ、この件はいい方向で進んでいます。
 Yくんは、「こういう理由で自分はこういう選択をする」と言えました。Xさんは「わからない」と言って自分と向き合うことを放棄しているので、「こういう理由でこうなっているのでは?」と私が推測しなければいけませんでした。
 YくんとXさんの違いはそこにあります。
 私は、「こうだからこうしたい」というものがあるなら、何をしてもいいと思います。殺人とかの犯罪行為以外なら。勉強する場所はどこでもいいし、「高校生になったら頑張ります」というなら、それはそれでいいのです。その人の選択ですから。
 でも、「どうして、私、こうなるかわからない」だと、同じことの繰り返しになってしまいます。自分と向き合わないうつの人が、何度もうつを繰り返すのと同じです。
 億劫でも自分が感じている嫌な気持ちと向き合って、自分の心の中でそれについて意見を戦わせてみれば、おのずと選択できるようになっていくのです。

弱さに気づくことは、人間らしさに気づくこと

「弱さ」イコール「人間らしさ」イコール「成長できるところ」と考える。これは快刺激の法則のほうに向かう方程式です。
「弱さ」イコール「自分はダメ」イコール「もう、やっていけない」と考える。これは負のスパイラルです。
 イライラ、腹立たしさ、落ち込み、自信喪失など、弱さの表れ方はさまざまです。
 私のクライアントに、ある研究機関のリーダーの人がいます。彼はすごく頭がよくて、いろいろなことが見えすぎてしまうのです。だから、組織やほかの人の足りないところがわかって、「あれもできていない、これもできてない」「もっとこうしないといけない」というふうに、すごく気を揉むのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bumi_y 「「弱さ」イコール「人間らしさ」イコール「成長できるところ」と考える。」→ 4ヶ月前 replyretweetfavorite