論破」からは何も生まれない

いよいよ第1問「人間関係」のクライマックス。最後の詩織の言葉は、人間関係に疲れているあなたの心に、きっと深く刺さるはずです。

7

「たとえば、さっきあなたが言った競馬ファンのコミュニティ。その円は、誰かが中心になって生まれたもののはず」

「つまり、主宰者みたいなことだな」

「その人に会ったことは?」

翔太は首を横に振る。

「では、もしこれからその人に会ったとしたら、まずどんな言葉をかけますか?」

「それは……〝いつもありがとうございます〟みたいな感じかなぁ」

「つまり、『感謝』ですよね」

翔太はハッとした。円の周辺は感謝する側、円の中心は感謝される側。よりその人の人生を豊かにするのはどちらかと考えた時……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません