俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

大阪・日本橋に現れた「魔界」で笑わない美女に生け贄にされる夜

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

「魔都」と呼んでいいほど訪れるたびに新しく、怪しく、風変わりなものを見せてくれる大阪。そんな魔都にあるオタクの街が日本橋だ。「大阪のアキバ」といわれる場所だが、ミナミと通天閣の間にある通称「ヲタロード」はメイドカフェの横に赤提灯があったり、諸先輩方が路上で酒盛りしていたりと、東京とはひと味違ったイナタイ雰囲気を醸し出している。

「インバウンドで盛況なミナミの市場調査をする」とうそぶく夜遊びガイドのO氏が俺を待っていた。

 タピオカドリンクを飲みつつ、呼び込みのメイドを冷やかしていると、なにやらおどろおどろしい看板が。屋号はドロドロに溶け、その下には「漆黒の闇で生贄になんかならない」とのキャッチコピー。果たして何の店なのか……。

暗闇に浮かび上がるゴシックな女のコ

 妙に煤けたビル。氏によればここは、昔から怪しげなテナントが入る名物ビルとのこと。

扉を開けると飛び込んでくる「真実の」(?)。天井からはゾンビが顔を出したり、カウンターには棺桶があったりと内装が凝っている

 異様に遅いエレベーターに乗り込み、看板に書かれた6階へ。ゴトリと音がして、ドアが開くと漆黒の木の扉がある。

 恐る恐るドアを開けると、真っ暗。目を凝らすと顔をモチーフにしたレリーフが浮かび上がる。お化け屋敷系には弱い俺。横には血塗られた文字で「コノトビラ開ケルベカラズ」と書いてある。その反対側にはカーテンが。そうっと開けると大声が。「汝。魔王サタンにタマシイを捧げよ!」「捧げよ!」女のコたちのドスの利いたコール・アンド・レスポンス。

左から使い魔のゆきちゃん、目児ちゃん、ほたるちゃん。年齢はいずれも非公開。10万歳は決して超えていないはずだ

「ここは関西初の魔界コンセプトのカフェバーで、悪魔の使い手である女のコ、“使い魔”が客と契約を結ぶ異世界です」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード