捨て本

モノより体験重視

ホリエモンがこれまで、何を捨て、その先に残った、本当に大切なモノとは?自身の半生を振り返った経験を元に指南する、“持たない頼らない執着しない” 新時代の「捨てる」生き方入門。堀江貴文の新著『捨て本』をcakesで特別連載!

<体験>
モノは盗まれるし朽ちていく。でも、体験は尽きない。
誰からも奪われたりしない。

会社の経営が成功していくなか、人間関係だけでなく、モノへの執着も切り捨てられるようになった。

 中谷君とのシェアハウス時代は、普通の若者並みにマンガやゲームなどを、たくさん持っていた。引っ越すたびに捨てていったが、やはり若いので、何やかんやと娯楽品は買い集めてしまっていた。
 けっこう頻繁に買い続けていたのは、バイクだ。
 東京に出て最初に買ったのは、ヤマハのFZR250。塾講師のアルバイトで貯めたお金で買った。たしか50万〜60万円だったと思う。
 そのときは、初めてのバイクを買えて、めちゃくちゃ嬉しかった。
 だが、1カ月ほどで盗難に遭ってしまったのだ。

 東大の駐車場に停めていた。ある日、帰ろうと思ったら、バイクはきれいに姿を消していた。
 すごいショックだった……その後、1週間ほどしたら近所で見つかった。盗まれたのにラッキー! と思ってしまった。
 けれどカウルとかのパーツがなくなっていて、どこのバカの仕業か知らないが、本当にムカついたし、がっかりした。

 その後、バイト代でまた新しいバイクを買った。
 バイクは好きだった。出かけたり、バイトへ行くのに便利で、知り合いとツーリングに行くのが、楽しかったのだ。
 2台目はヤマハのGSX─R400だった。
 オールシルバーの車体で、すごく格好良かった。世代的に僕は、しげの秀一さんのマンガ『バリバリ伝説』のど真ん中だった。たぶん子どもの頃から、心のどこかにバイク乗りへの憧れがあったのだろう。

 その後、大学3年のときに車を初めて買った。三菱のランサーだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
捨て本

堀江貴文

良くも悪くも、あなたの持ち物は重くなってはいないか。 大切にしていた「はず」のモノで、逆に心が押しつぶされそうになってはいないか。 だから、ビジネスも人生も「捨てる」ことからはじめよう。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

megamurara モノを持たないということは「流れの中にいる」というように感じました。 23日前 replyretweetfavorite

orangesky1978 持たない。執着しない。→ 23日前 replyretweetfavorite