答えはみつからないし、なんて伝えればいいかわからないけど

過去の経緯から、「どうしたら人を憎まずにいられるか?」に悩んでいる相談者。ノドに手羽先が刺さるような質問に、幡野広志さんはどう答えるのでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

高校生から29歳まで祖母から暴力を受けていました。 年寄りの力ってすごいですね。とても老人から受けたものと思えない怪我をたくさんしました。 私は離婚して出戻ったシングルマザーの娘だったので、母の実家が自分の実家です。 逃げるところはありませんでした。 逃げようとしましたが、結局母が泣きながら家に残っておばあちゃんを守るとか抜かすので、ずっと諦めていました。母は好きだったので、その時は1人にしたくないと思っていました。
28歳の時に母が脳腫瘍で倒れました。1人で面倒を見ました。 母が回復してしばらくして、私は実家を離れました。母が身の回りの事はできるようになっていたのと、祖母は母に暴力を振るわないのでまあいいかと思いました。耐えられなかったんです。母の事は好きですが、私が側にいると何でも私にやらせるところは嫌いでした。祖母と共依存していることも。

29歳の時に祖母が肺がんにかかりました。大嫌いだったけれど手伝いくらいはしました。
祖母はすぐ死んでくれましたが、葬式をしなくてはいけなかったので、母の弟である叔父がでしゃばってきました。叔父は長男ですから喪主をしました。祖母の金も全て持って行きました。メインで面倒を見た母の苦労はなかったことにされ、たまにお見舞いにきただけの叔父は寄与分など無視してただ等分した金を母に渡しました。

30歳。結婚式に叔父を招待したところ、招待の時期が遅い・祖母の喪中なのにふざけているのか?と断られました。叔父の娘も同年に結婚式を挙げています。
どうやら叔父は母が嫌いで、母の娘である私も同列に憎たらしいようです。

先日、叔父の娘が出産したと聞きました。
私は、その時、脳腫瘍が進行しうんこをこねるようになった母のパジャマを洗っていました。

私は祖母のサンドバッグになり、祖母が死んでも私が母の娘であるという理由で叔父にひたすらバカにされてきました。貧乏育ちで、学校を出るのに奨学金も沢山借りました。先日は私の知らない私名義の奨学金が新しく見つかりました。母が勝手にやったらしいです。
一方叔父の娘は金持ちの家に生まれ暴力も振るわれず悠々と幸せに生きています。私はブスですが叔父の娘は誰もが認める美人です。正直殺してやりたい。本来叔父を攻撃すべきですが、私は叔父に苦しんで欲しい。

私のお腹にも子供がいます。こんなに憎しみを抱えた母から、心の優しい子供が生まれ育ってくれるものかと悩んでいます。
子供は親と別の人間ですから、どう育ってくれても構いません。
私は暴力も振るいませんし金銭的にも不足なく育てる用意がありますが、それでも結果的に私同様に人を憎むようになるならそれでも仕方ないと思っています。でも、子供がどうしようもない環境にいる間は、私のストレスを浴びずに育って欲しいんです。
なので、どうしたら人を憎まずにいられるか、そういう頭にするために踏むステップを教えていただきたいです。

知らない人からしたら私が狂っていて、全て人のせいにしているのかもしれません。
私は人から見たら全然頑張っていなくて、辛い思いもしていなくて、かわいそうな私を演じたつもりで自己憐憫に浸る人にしか見えないのかもしれない。
ただ、出産の連絡を受けてから私は生まれて初めてモノに当たりました。バスタブをガンガン蹴りました。モノに当たると言ってもそんな程度ですが、一度始めたら最終的に無意識に人に暴力を振るいそうで恐ろしいです。
こんな祖母みたいな暴力的なことは絶対にしたくなかった。何かが壊れたような気がします。

(ストロング鬼殺し 31歳 女性)


いつも「なんでぼくに聞くんだろう?」って心からおもうんですけど、ここ一年半ぐらいで4000件ぐらいの悩み相談が届きました、たぶんおおいのだとおもいます。

恋愛のことや家族のこと、病人や医師や看護師からだったり、指名手配されているという人からなども相談がきたことがあります。ぼくの本業は写真家なんですが、写真の相談ってほぼきません、びっくりです。

人生相談に人生のすべてを費やしてしまうと、人生がつまらなそうだし、ぼく自身も悩んでしまいそうだから一週間のうち2~4時間程度しか人生相談に時間を費やしていません。

人生相談いがいの時間は写真を撮ったり文章を書いたり、病院で治療をしたり、子どもと遊んだり、一人で旅行にいったり、料理をしたり掃除をしたり、美味しいものを食べたり、すぐ疲れるのでよく寝ています。

意図的に、人生相談のことを日常の中では考えないようにしていますが、たくさんの相談に目を通していると、手羽先の骨がノドに刺さるような相談があります。

今回の相談はまさにそんな手羽先で、ここ数日はふとしたときに考え込んでいました。どんなに考えても答えは浮かばず、なんて伝えればいいのかもわからず、寒くなった空気で可視化された白いため息をみつめながら書き始めます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hexagon63 つらい。 でも、多くの人に共有されてほしい、みんなで耐えてがんばる問題だと思う。 13日前 replyretweetfavorite

Axel_Nico https://t.co/jiHY4xdCD9 「自分のされたことに疑問を感じて、被害を認識できている人は子どもを守るんですよ。 ただ、自分の子どもを守れば守るほど、苦し… https://t.co/FNkPWVlFRR 16日前 replyretweetfavorite

panicpanic9 https://t.co/WJH5BVRtIl 「被害者のように扱われて」いるが実際は過去に加害者だった可能性、うっすらと感じてはいたけど明確に言葉にされるとハッとする。 親の介護など絶対にしたくない。でも逃れることは悪だと言わ… https://t.co/frtKD3mt9C 17日前 replyretweetfavorite

szksgtm https://t.co/UNAfTiIFWE 殺意や憎悪は、悲しみや痛みから彼女自身を遠ざけるために生じた正当な防衛反応だと思いますよ。それだけのことをされたんだよ。彼女には憎悪する権利があるのだから、その感情に苦しむのではなく、もう怖い人はいないよって一つ一つ確かめてくれたら 17日前 replyretweetfavorite