#7 日本の特例子会社一覧

【制度のスタートから42年でも、全国で464社しかない】
障害者雇用において、大手企業は「特例子会社」という専用子会社を設立し、業務を集約することが多い。とはいえ現在、国内に特例子会社は464社。制度が開始されて42年という年月と、総企業数を考慮すれば、いささか少ないと言わざるを得ない。


拡大する


拡大する


拡大する

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
数字合わせに終始しない 障害者雇用

週刊ダイヤモンド

2018年4月より、「障害者雇用」に関する法律が一段と強化された。組織形態を問わず、常用雇用者が45.5人(※)以上いる会社は、2.2%の割合で障害者の雇用が義務付けられた。だが、1年たった今日でも、こうしたことが企業の人事関係者以外...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード