名店の味をヒントに家庭向けに仕上げた、まろやか〜な豚汁

一段と寒さが強まってきた今日この頃、あたたかい豚汁はいかがですか? 今日ご紹介するのは、豚汁の名店の味を参考に家庭でもかんたんに作れるようアレンジしたシンプルな豚汁。とろみのついたみそ汁に、出汁の旨味がからまって絶品の味わいです。

新潟県妙高市にある『とん汁 たちばな』は豚汁の名店。今日はそのお店の豚汁からヒントを得た家庭用バージョンをご紹介します。ポイントはみその扱いと甘酒です。具材は豚バラ肉、玉ねぎ、豆腐の三種類だけとシンプル。

みそ汁に使う場合、よく「みそは煮込んではいけない」といいますが、今回ははじめから入れてしまいます。すると和風のシチューのようなまろやかな味わいになるのです。


豚汁

材料(4人前)

豚バラ肉…180g〜200g
水…200cc
みそ…40g(米みそ)
甘酒…100cc〜125cc(麹甘酒 ストレートタイプ)
玉ねぎ…2個(400g相当)
もめん豆腐…半丁
濃口醤油…小さじ1


1.豚バラ肉を5cm幅に切り、玉ねぎは繊維を残すようにクシ型に切る。もめん豆腐は大きめの一口大に切る。蓋ができる鍋を用意し、水にみそと甘酒を溶かす。豚バラ肉を入れて箸でばらし、中火にかける。

2.沸騰してきたら玉ねぎ、豆腐を加え、蓋をして弱火で20分間蒸し煮にする。

3.蓋を開けて、火を止める。濃口醤油を加えて味をととのえ、器に盛り付ける。


みそと甘酒が味の決め手
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

料理には理論がある! 素材と工程の意味がわかれば、どんな料理でもつくれるように。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

erunea 1件のコメント https://t.co/xUNqAeEoN9 27日前 replyretweetfavorite

nobitaichou |樋口直哉 @naoya_foodlab |「おいしい」をつくる料理の新常識 早くつくりたいーー https://t.co/U1k3OLfssS 27日前 replyretweetfavorite

saluer 甘酒 出汁代わりの玉ねぎ / 1件のコメント https://t.co/RKPjLTc6PF 28日前 replyretweetfavorite

nacht_nacht_ おいしそす 29日前 replyretweetfavorite