無表情バイト女子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、同世代なら誰もが共感してしまう“最近の若い子”の接客にについて。

つい最近の出来事です。

友人と二人、タイ料理やさんにランチに行きました。
私は初めて行くお店でしたが、友人が人気店なのでと予約をしておいてくれました。

その日は秋の長雨・・・昼間でもコートがいるくらい寒かったのですが、予定の11時半少し前にお店に到着すると、すでに長蛇の列が出来ていました。

「凄いねー。みんなよく知ってるねー」

「予約しておいてくれてありがとう。雨の中、傘をさして外で待つのはキツいね」

などと会話しているうちに、予約の時間は過ぎていましたが、なかなかお店からの動きはありません。

仕方がないので並んでいる方に、

「これはどういう風になってますでしょうか?」

と聞いたところ、

「あ、予約してる人は先に入れるみたいですよー」と言われ、

「では、お先に行かせていただきますね、すみません」

と、列をかき分け前へ。

やっと会えた若いアルバイト女子店員さんに

名前を告げたところ、

「はい、こちらへ」

と、めちゃめちゃ空いてる席があるのに奥の方の物凄くお隣との間隔が近い席へ無表情に案内されました。

「え?予約してるのに?」
となった友人が、窓際の席を指して

「例えば、あそこはダメなんでしょうか?」
と聞くと、

「あー、ちょっと待ってください」
と、しばらく待たされ、

「あそこだと13時15分までになります」
とのこと。勿論無表情。

いや、あそこじゃなくてもあちらもこちらもゆったり出来そうなお席が空いておりますが?!と、心のなかで思いながら、また待たせられるのも嫌だし、じゅうぶんランチは食べ終えられるタイムリミットだったので、

「じゃあ、あそこでお願いします。すみません」
と言って移動しました。

注文を聞きに来たアルバイト女子店員さんも

これまた感情をどこかに置き忘れて来たかのようなタイプ。

初めてだった私は色々なものが乗っていそうなイラストが書いてある、そのお店の名前がついたランチセットにしました。

「じゃあこれで」と、そのイラストを指して、「辛いの苦手なんですけど調整していただけますか?」と注文。

「はい、出来ますよ」

「メインは二つくらい選ぶんですか?」

「はい、このなかから」

「ではこれとこれ。両方辛さ控えめでお願いします」

で、友人が

「私はこの汁麺とカレーのセットで」

と言った時、店員さんが、

「え?量が多いと思いますけど」

友人  「え?いつも食べてますけど」

店員さん「いや、先ほどのランチセットも多いので」

私   「え?私の?じゃあこのセットもシェアするくらい多いってことですか?」

店員さん「いや、それは一人分ですけど」

私   「ん?」

友人  「でも私いつも食べられますから」

店員さん「そうですか。わかりました」と、厨房方面へ。

・・・・・・。

私 「え?どういうこと?そんなに量多いの?」

友人「いやー、あんなの言われたことないよー。なんか、恥ずかしい。あんなに言われても、食べられますって、凄い大食いみたいじゃない?」

私 「いや、食べられる量ならいいよね。ちょっと途中から意味が分からなくなったよね」

で、あまり待たずに、まず私のランチセットが来ました。

「全然食べられるけど(笑)」

続けて友人の汁麺とカレーセットが。

「私も全然食べられる(笑)」

そしてランチセットがもう1セット来ました!?

私「え?何でしょうか?これは。セット2つも頼んでないですが・・・」

運んできたのは注文を取った店員さん。

「あー、だから食べられるって言ったんですね」と、また感情なく言います。

私達  「いやいやいやいや、ないない」

店員さん「じゃあ、食べられなかったら持ち帰りも出来ますけど」

私たち 「はい、食べられないから、持って帰ります」

店員さん「わかりました」

そういうと、タッパー的な容器をいくつか持って来て、謝るでもなく、また忙しい店内へ去って行きました。

セルフ?と思いながらも、テーブルいっぱいのお皿を少しでも整理しようと早速タッパー詰めを開始する主婦2人。

伸びる汁麺。冷める料理。

「私ランチセット2人前ってひと言も言ってないけど」

「ランチセットの人が多いから思い込んだんだろうね」

「これは、支払い有りかな」出た!関西気質の私。

「あるでしょ。全く悪びれる様子も無かったもんね」

「えー、どうする?強く言えば何とかなるかもだけど」

「いやー」

「だって私がここから2つですか?って聞いた時に一人一つですって言ってくれたらよかったと思わない?私が友達の分までメニュー決めるとかなくない?何となく2種類くらいかなって勝手に思ったのは私だけど」

「うーん」

臨戦態勢の私と、クレームとか言えないタイプの優しい友人。

「いやーでも、美味しいからまた来たいし、ま、いいか」

と、私もその場は収まることに。

「それにしても、麺伸びちゃったねー」

と、笑って楽しいランチタイムはあっという間に次のご予約の方が来る時間に。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません