やってみたら、最高に面白く感動的だった自宅ウエディング【最終回】

この連載もついに最終回。アリソンとベンのウエディングには、出自や宗教から生活習慣までさまざまな人たちがお祝いにかけつけてくれました。

一般的な結婚式には、「挙式」、「披露宴」、「二次会」という3つの異なる「お祝い」がある。アメリカでよくあるパターンは、「挙式」を教会であげ、「披露宴」をカントリークラブなどで行い、その後で花嫁の自宅などに移動して「二次会」に匹敵するカジュアルなパーティを深夜まで行う。披露宴にホテルを使う場合には、そのままホテルのバーで飲み会になることもある。

自宅ウエディングの良いところは、この3つを同じ場所でできるところだ。決まった時間に挙式や披露宴を終える必要はないし、移動しなくてもいい。借りている会場のルールではなく、自分たちで自由にルールを作ることもできる。「気楽」になる要素がたっぷりだ。

とはいえ、ウエディング・プランナー役やデコレーター役など多くの役割を引き受けていた私は、アリソンとベンの結婚式が始まっても、「挙式」の部分が終わっても、まだ気を休めることができない。新郎新婦が記念撮影を終えて会場に再入場する「ファースト・ダンス」のために『千と千尋の神隠し』のテーマソング「いつも何度でも」をアカペラで歌わなければならないからだ。

ダンス教師役を務めたハナから「踊りが上手ではない2人に合わせるとリズムがどんどん狂っていくから2人が踊っているのを見ないように。そして、テンポが早いと踊れないからゆっくりと」という指導を与えられていた。あの曲をゆっくりアカペラで歌うと、ちょっと間抜けな感じになるが仕方がない。



花嫁の母のお楽しみタイム

この大役を終えて、私は肩の荷をすっかりおろした。これからはもう、司会役のアナとメイド・オブ・オナーのハナにすべておまかせだ。


大きな役割をすべて終えて、ようやく知人や家族とおしゃべりする余裕ができた「花嫁の母」。

頭をクリアにするためにアルコールをまったく飲んでいなかったが、大役を終えたので移動式バーにでかけてワインをオーダーした。今更ながらだが、バーテンダーさんたちにも「花嫁の母です」と自己紹介でき、ようやく何も心配せずに周囲の人とおしゃべりをし、食事もすることができた。


家の前に停めてある移動式バーの前で会話を楽しむ参列者たち


わざとテーブルを割り当てなかったので、参列者が勝手に椅子を動かしてサークルを作ったり、ピクニックのように芝生に座ったりして自由に楽しんでいた。カジュアルな服の人もいれば、ロングドレスで着飾った人もいた。

くつろいでいたら、司会のアナが「ユカリ、これからシュー・ゲームが始まるよ」と呼びに来てくれた。裏庭に行くと、一番良い席を用意してくれていた。いよいよ「花嫁の母」のお楽しみ開始だ。


最前列の「特等席」からシュー・ゲームをiPhoneで録画する「花嫁の母」。録画は最初だけで、あとは大いに笑って楽しんだ。

「シュー・ゲーム」は、新郎新婦がどれほどお互いのことを知っているのかを試すゲームで、自分の靴と伴侶の靴を片方ずつ持った2人が背中合わせに座る。「●●するのはどちらか?」といった質問に、自分だと思ったら自分の靴を、伴侶だと思ったら伴侶の靴を高らかに掲げる。お互いに相手が見えないので、見ている人の笑いをさらに誘う。2人と付き合いが長いハナが質問役を務めた。(最初のウォームアップ部分だけを録画してキャプションをつけてみたので、どうぞ)

この後、ケーキカットが終わったら、今度は夜までダンスが続く。以前にも書いたが、アメリカの通常のウエディングでは、このダンスに生バンドを雇う。けれども、アリソンとベンが決めたのは、自分たちでプレイリストを作ってそれらをiPhoneから音響システムに送って流すというやり方だ。そして、近所に騒音の迷惑をかけないように、ダンスはすべて屋内のリビングルームで行う。


ダンスは大盛況。「土足問題」の解決策としてジョイントクッションを使ったのだが、これが参列者の若者に大ウケだった。踊っても足が痛くなったり疲れたりしないし、ジャンプするのが楽しいというのだ。


大学で社交ダンスのコンペティションをしていたハナと、そのパートナーだったヴィンセントのダンス。さすがに決まっていた。


若者が酒を飲まなくなっているのは世界共通?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
まさかの自宅ウエディング

渡辺由佳里

娘のアリソンが長年のボーイフレンドのベンと婚約を決めた。と思ったら、「ウエディングは自宅でする」と言い出してパニックに陥ってしまった渡辺由佳里さん。自身の経験から結婚式にトラウマも抱える渡辺さんとその家族の1年にわたる「手作り結婚式」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mukuobake 自分の結婚も友人知人の結婚もことさら縁遠い人生なのにずっと楽しく読んでしまった お疲れさまでした💐 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

kuru2kururi ずっと読んできた連載の最終回。すばらしい。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

nrk_nodame 新郎新婦とご両親の笑顔が全てを語ってますよね。そしてゆかりさんのアカペラ素晴らしかった🎶 https://t.co/VpVY2lCLi1 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

noname_0055 アリソンさんのお一人の写真に泣けた。理由は分からないけど。連載、お疲れ様でした。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite