BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

リバの神・雲田はるこの頭の中

BLのお約束のひとつ「主人公が特定のキャラに操を立てる」こと。そのセオリーを堂々と突破していくのが、“リバの神”たる雲田はるこさんの作品。とくに『新宿ラッキーホール』では、主人公の元カリスマゲイビデオ俳優・苦味(くみ)が、因縁の恋人・サクマ以外とも関係を結ぶシーンが描かれています。そんな雲田さんの頭の中を、創作スケッチとともに解読していきます。

時間の経過をどうキャラに反映させるか


画像クリックで拡大表示

溝口彰子(以下、溝口) 雲田さんの創作ノートを引き続き拝見しています。『新宿ラッキーホール』(以下『ラッキーホール』)では、様々なアウトローキャラが登場しますが、リュウというヤクザの組長の息子も、印象深いキャラクターです。元組員のサクマのことが大好きなリュウは、1巻ではいわゆる少女マンガ的美少年だったのに、2巻ではキャラがガラッと変わります。髪型はいわゆるツーブロックになり、斜めに流した前髪がちょっとフェミニンで、ハイファッションに身を包んでいます。このキャラクターはどう造形されていったのでしょうか。


初登場時のリュウ(『新宿ラッキーホール』より ©雲田はるこ/祥伝社 on BLUE comics)


再登場時のリュウ(『新宿ラッキーホール2』より ©雲田はるこ/祥伝社 on BLUE comics)

雲田はるこ(以下、雲田) まず、ラフに数字がいっぱい書いてありますが、これは1巻と2巻でのキャラの年齢を全部書きだしてみたものです。1巻で18歳だったリュウは、2巻では24歳になって登場します。これだけ時間が経っているということは、面影を残しつつも、大人になっているだろうなと思って手を加えていきました。

紗久楽さわ(以下、紗久楽) 若い子のほうが変化が著しいですもんね。

雲田 しかもヤクザになってしまっているので、苦労が顔に出ている感じにもしたかったんです。上のほうに描いてある顔が1巻のときのもので、そこからどう変えていこうかと考えながら描いたスケッチですね。

溝口 ずいぶん男っぽいスケッチもあります。次のスケッチもリュウですね。


クリックで拡大表示

雲田 これは、描いてみたけど、ちょっと違うな~という過程のスケッチです。

紗久楽 右に小さく「アゴクイ」と書いているのは……?(笑)

雲田 このキャラ造形だったらアゴクイ……アゴで指図するような動作をやらせたい!というメモだと思います(笑)。「オスらしさよりつよく」「フェミニンいらない」とも書いてありますが、これをやってみたのが右のスケッチです。これ、「スーパー攻めさま」(※1)っぽくしたかったんです(笑)。
※1 スーパー攻めさま:受けに対して強引な手法で迫るドSで、かつ人間としても裕福さや美麗な外見などのパーフェクトさをあわせ持つ、「スーパー」な攻めのこと。

溝口 なるほど。でも、まだ違うということになって、いよいよ次ですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

雲田はるこ /紗久楽さわ /溝口彰子

BL愛好家で研究者の溝口彰子さんが、2019年4月にホスト役をつとめた「フューチャーコミックスPRESENTS~BL進化論 サロン・トーク~VOL.2」の模様をcakesでもお届け! ゲストは『昭和元禄落語心中』や『いとしの猫っ毛』の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

minato_0 神になってる!私もリバ好きなので雲はるさんにハマったのかも。。> 8ヶ月前 replyretweetfavorite

chiruko_t2 「それよりエロいとこ見たい」わかるw  8ヶ月前 replyretweetfavorite

chiruko_t 「それよりエロいとこ見たい」わかるw  8ヶ月前 replyretweetfavorite