BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

雲田はるこの創作ノートを大公開!

マンガ家は、どのようにひとつの物語の端緒を見つけるのでしょうか。今回は、『昭和元禄落語心中』『いとしの猫っ毛』のマンガ家・雲田はるこさんの創作ノートを大公開。BL作品『新宿ラッキーホール』がどう着想され、個性的なキャラクターたちはどのような変遷を経て作られていったのか、雲田さんの創作スケッチをもとに探っていきます。

出発点は「ゲイビに出ているノンケ男子」の心境

溝口彰子(以下、溝口) 「BL進化論サロン・トーク」恒例の「技術編」ということで、ここではマンガの具体的な創作技術について掘り下げていきたいと思います。まずは雲田さんの『新宿ラッキーホール』(以下『ラッキーホール』)についておうかがいします。


新宿ラッキーホール

本作品は、ゲイビデオの制作会社、そしてヤクザの世界を舞台に描かれる群像劇になっています。そのなかでもメインのカップリングは苦味(くみ)とサクマのふたり。苦味は、かつてゲイビデオ業界でカリスマ的人気を誇った男優、“ポルノスター”で、今は制作会社の社長。サクマは年上の元ヤクザで、同じ会社で男優のスカウトをしているという設定です。


左がサクマ、右が苦味(『新宿ラッキーホール』より ©雲田はるこ/祥伝社 on BLUE comics)

ゲイビデオの制作会社をテーマにしたBL作品はいくつか存在しますが、本作にはかなりリアリティを感じました。まず、新宿二丁目の雑居ビルにある、オフィス兼住居が基本的な舞台という点。そしてゲイビの撮影も、そこのベッドルームでやるときもあれば、ラブホを借りてやるときもあったりと、制作シーンが実際に近いところがあるように思います。そもそも『ラッキーホール』という作品を、どのように発想されたのか聞かせてください。

雲田はるこ(以下、雲田) 「ゲイビに出てる男の子って、ノンケの人が多いんだよ」という話を聞いて、「そのシチュエーションがすでに萌えだな!」と思ったんです(笑)。ノンケなのに男性と仕事でからまなきゃいけないなんて、そこにはどんな葛藤があるんだろう、と。

紗久楽さわ(以下、紗久楽) その気がなくても、「かわいい、かわいい」って言われると、どんどん乗ってしまう、という話はよく聞きますよね。

雲田 そうなんですよ!

溝口 なるほど。撮影現場の取材はされたんですか?

雲田 いえ、連載当初はコネが全くなく、取材はできなかったので、ネットで調べたりしています(笑)。仕事とはいえ、だんだん乗ってきてしまうノンケの心の動きにすごく興味を惹かれて、最初は「ゲイビ俳優さんに翻弄されてしまうノンケの男の子の話」を描こうと思ったんです。

紗久楽 たしかに、1巻の最初の話がまさにそうですよね。

雲田 1話は読み切りのつもりで描いたんです。片桐くんというモブみたいなメガネの男の子が、スカウトされてオフィスに来て、苦味と……というお話で。


左が片桐、右が苦味(『新宿ラッキーホール』より ©雲田はるこ/祥伝社 on BLUE comics

紗久楽 サクマさんが登場するのって、2話からでしたっけ?

雲田 ちゃんと登場するのは2話からですが、1話でもひとコマだけ登場しています。それだけなのに、描いたあとでなぜかサクマさんのことがすごく気になって、「続きを描こうかな」となりました。

溝口 1話のときのサクマさんは、すでに「もとヤクザ」の設定でしたか?

雲田 はい。小指がなくて柄シャツという、ヤクザっぽい風体で描いていました。アダルトビデオ業界は、ヤクザの世界ともすごく近いという話を、どこかで知ったんですね。


『新宿ラッキーホール』より ©雲田はるこ/祥伝社 on BLUE comics

苦味も、もともとはノンケです。だけど、高校生のとき父親が借金を残して死に、そのカタにヤクザに売られてしまう。そして「体で稼げる男」になれと、組員でゲイのサクマと同居させられる。苦味もまた、サクマに味を覚えさせられたという、ざっくり言うとありがちなお話なんですが。スタンダードな物語をどういじるかが、BLは楽しいので。

溝口 美少年だった苦味がだんだんと仕込まれていくところは、『風と木の詩』で幼いジルベールがオーギュストに支配されていくさまを思い起こします。


風と木の詩

雲田 まさにその心境の変化に心を惹かれたんです。

相談はしない、言葉のかわりにネームで説明する

溝口 ではここで、2巻のプロットとして描いたという、スケッチブックの1枚を見ていただきたいと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

雲田はるこ /紗久楽さわ /溝口彰子

BL愛好家で研究者の溝口彰子さんが、2019年4月にホスト役をつとめた「フューチャーコミックスPRESENTS~BL進化論 サロン・トーク~VOL.2」の模様をcakesでもお届け! ゲストは『昭和元禄落語心中』や『いとしの猫っ毛』の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

michino_kita 拡大してガン見した 10日前 replyretweetfavorite

moxcha 貴重…。 10日前 replyretweetfavorite

granat_san ものすごく参考になった。 11日前 replyretweetfavorite