社会運動は迷惑なもの? 意見を言うのは「価値観の押し付け」?

社会運動に寄せられる、または強く主張する人に向けられる、よくある批判について取り上げます。今回は「迷惑だ」「価値観の押し付けだ」という批判について。公共の場所でデモをするのは迷惑で、政治的な発言をすることは洗脳なのでしょうか?


「社会運動って、迷惑じゃないですか?」

社会運動をしている人に対する批判、悪口、文句として、こちらもよく耳にする台詞です。「市民の迷惑だ」とかね。

たしかにデモ行進で道路を練り歩いている大量の人たちは、他の歩行者の邪魔になるから迷惑に見えるのかもしれません。政治的な内容のビラを配っている人たちも、怖いというか、キモいと感じることがあるかもしれないです。

こうしたことを考えている人がいるとしたら、まずそれが「政治的なこととか、社会的な主張をはらんでいるから迷惑」なのか、「主張や目的が何であれ邪魔なものは邪魔」なのか、ということを最初に考えてほしいと思います。

たとえば全然政治と関係ないような……野球チームの優勝パレードとか、マラソン大会で道路が通行止めになるのも、デモと同じように迷惑でしょうか。

私の地元では「YOSAKOIソーラン祭り」というイベントがあります。どんなイベントかというと、市民の団体が「ソーラン節」をアレンジした踊りをするんです。かなり大規模なイベントで、その間街の中心部が通行止めになったりするんですけど、まあはっきり言って私はあんまり好きじゃない……。やってる人に対して申し訳ないんだけど、苦手です。音も静かとは言えないし、わりと人を選ぶ感じがする。ともあれ、そういったイベントを見ていると、私自身も「趣味の集まりで交通までする必要ないだろう、ここは『公共の場』なんだぞ」とも思うわけです。

ただ、にせよ政治的な活動にせよ、「公共の場」と「迷惑」という観点から多少ほぐしていく必要があるかなと考えています。

こういうときは、まず「公共の場だからみんながまんする」んじゃなくて、「公共の場だからみんなが使っていい」という考えにシフトしてみましょう。つまりYOSAKOIでも優勝パレードでも、なんならサッカーでもテニスでも囲碁でもいい。道路の使用許可を取れば、基本的にはそこは私たちみんなに開かれた場所なわけです。そして、そのなかに社会運動をする権利も含まれている。芸術的なものであれ政治的なものであれ、娯楽的なものであれ、人を傷つけない内容であれば、表現をしていい、というのを大前提にしてみる。

でも、「いや、そうは言っても趣味と政治は違うでしょう」という人はいるでしょう。つまり野球チームの優勝パレードも、YOSAKOIソーランも、市民マラソンも人の楽しみのためにやってる。それ単体では、そこまで強い主張もしない。

それに対して「政治的な主張」はまったく別の性格を持つわけですよね。たとえば「原発をにしてほしい!」とか、「消費税の引き上げに反対します!」というときに、「いや、私のおじさん原発で働いてるんですけど……」とか、「でも、消費税を引き上げないと福祉が立ち行かないよ」という人は絶対にいます。それと私の「YOSAKOIソーランは趣味に合わないから嫌い」という意見は、切実さが違いますよね。

私たちの生活や労働に直接関わっているから、それぞれの主張に激しい賛同や批判が集まったりする。私たちみんなが当事者である「政治」だからこそ、いろいろな人が集まる空間で特定の政治的主張をするのは、けっこう迷惑に感じられてしまうのかもしれない。

もうすこしみなさんの身近な例に引きつけると、学校で「体育嫌いだからなくしてよ」とデモをするのは、体育の成績が進学に関わる人の前では、すごく言いにくい。その主張を聞いているほうも「お前はどの立場なんだ」と問われるようで居心地が悪く、できれば遠ざけておきたいと感じるかもしれません。

 こういう主張を「迷惑」と感じないようにするための方策、それを乗り越えて「わがまま」を言うためのやり方は、3時間目でお伝えするのですが、ここでは社会運動は「迷惑」ではない、という大原則をお伝えしておきます。公の場で「わがまま」を言うことは、対立も生むしすごく嫌がる人もいるかもしれない。でも、それは「やらなきゃいけない」とは言わないまでも「やっていい」ことなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
みんなの「わがまま」入門

富永京子

「権利を主張する」は自己中? 言っても何も変わらない? デモや政治への違和感から、校則や仕事へのモヤモヤまで、意見を言い、行動することへの「抵抗感」を、社会学の研究をもとにひもといていく、中高生に向けた5つの講義。身近な「わがまま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mscst_kk 気がつけば、すでに私たちが関わってるいろんなことが市民運動だし社会運動なんだな。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

gekko_mo 今日も更新!前回とこの回は好きな回 https://t.co/8OtDKQh2ln 11ヶ月前 replyretweetfavorite

sayusha 【連載】『みんなの「わがまま」入門』の8回更新🍰 芸能人が政治的発言をするのってどうなの? 道路でデモをするのは迷惑じゃない?という批判について考えた回です。 https://t.co/y65GGONGFW 11ヶ月前 replyretweetfavorite