恵まれてるあいつらに、自分たち当事者の気持ちはわからない」感の話

先月、この連載では「ノンセクで、性的なことが気持ち悪い。治療できますか?」「セクシャルな彼女と、ノンセクシャルな私」 という2つの記事を公開しました。すると、牧村さんのもとには「ノンセクでない人間が高みからアドバイスを説くな」といった意見が届きました。牧村さんはノンセクを否定されたと感じた方に対してお詫びをするとともに、牧村さんが伝えたかったことが伝わるよう言葉を重ねていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

読者の皆さんからご投稿をいただき、「世間的に正しいとされるハッピーエンドで自分の人生終わらされたらたまんなくね?」という姿勢で人生を一緒に考えるこの連載、「ハッピーエンドに殺されない」。ここ2ヶ月、「ノンセク」という言葉を使った投稿を2回取り上げてきました。

ノンセクで、性的なことが気持ち悪い。治療できますか?
セクシャルな彼女と、ノンセクシャルな私

いずれの方も「自分ノンセクで〜す!」とはなっていない方でした。前者の方は「治療したい」、後者の方は「ノンセクという言葉が自分に当てはまるのかもしれない、が、気持ちの整理がつかない。彼女とより良い関係になりたい」とおっしゃいます。

ノンセクとは、ノンセクシャルの略。前の記事でもご紹介しましたが、「他者に恋愛感情は抱くけれど性的欲望の対象とはしない」というあり方のことで、カタカナですけれども和製英語。日本ローカルの言葉です(日本にしか存在しないわけではないのですが、他の地域や言語では、別の呼び方、別の捉え方をしています)。

わたしはこれらの記事について、「あなたはノンセクなんだね。それが自分らしさだと思うよ!」という回答をしませんでした。それが多分、時代の流れ的に求められている回答なんだろうとは思うのですが、だからこそ、そうしませんでした。この先に行くために。“みんな”ではなく“その人”に向けて書くために。

しかし、そうしたところ、次のようなご意見を頂戴しました。

「本人がノンセクだと言っているのを否定するのか?」
「ノンセクでない人間が高みからアドバイスを説くな」

SNSとかで陰口をたたかず、きちんとご意見くださった方に感謝します。この方の他にも、「ノンセクを否定された」と思った方はいらっしゃるでしょう。お詫び申し上げます。

形だけじゃなくお詫び申し上げたいからこそ、伝わるまで言葉を重ねます。

わたしはやっぱり、「あなたは〇〇なんだね!それが自分らしさだと思うよ」回答を、わたしの言葉としては書けないんですよ。例え求められているとしても、求められているからとそれを言うことは、魂のこもらない、単なるテンプレ回答に思えてしまうんです。

今回は、「ノンセク」という言葉がキーではありますが、そこに属さない人にも関わる話。言葉によって生まれる、内側と外側の話。関係主義と本質主義の話です。

自分を理解してくれる人たちに会えたとき

その話をする前に、あなたに問いかけたいことがあります。

「みんなには分かってもらえない自分」を、やっと分かってくれる人たちに会えた!

……っていう感じ、あなたはどこかで、味わったことがあるでしょうか。

色々あると思います。
趣味のサークル。何かの自助会。何かの当事者交流会。
オタク。鉄道。歴史。音楽。出自。宗教。LGBT。

「みんなと違う自分」の孤独感が、「やっと仲間に会えた」という一体感になる。安心しますね。とてもいいと思います。わたしもそうしてます。そうしたいから、気を付けてることがあります。

それは、自分がお城にこもって外を攻撃していないか振り返ること、です。

「みんなは楽してるのに自分たちだけ苦しいよね!?」
「みんな敵! 自分たちだけが分かってる!!」

という、「理解されない苦しい自分たち」の城に立てこもって外側を攻撃する状態になっていないか? それは本当の本当に、“自分”にとって、本当に快適なのか? “自分たち”はいっぺんおいといてもいい、“自分”にとって、本当に快適なのか? って、振り返ることです。

「みんなと違う自分の孤独感」が、
「やっと仲間に会えた」と癒された。
……はずなのに、「自分たち仲間以外はみんな敵」に思えてきた。

わたしはこの状態を、「エルサの城状態」と呼びます。ディズニー映画「アナと雪の女王」に登場する、エルサ。彼女は“他のみんなと違って”魔法の力があったため、傷つけることを恐れ、傷つけられることを恐れ、魔法の城で自分を守り、守るために攻撃を始めます。同じように魔法の力で作り出した、巨大な雪男を使って。この雪男の本当の名前を知っているのは、同じように魔法の力で生まれた存在だけ、です。

この「エルサの城状態」状態にある人たちに「出ておいでよ!外は楽しいよ〜!」しながらドアをどんどん叩くことを、わたしはしません。押し付けはしませんが、問いかけはします。自分自身に対しても、わたしの書くものを選んで読んでくださる読者さんに対しても、問いかけます。単純に「出る」ことにとどまらない、本当の自由のために。「そもそもなんで魔法が使えないほうが“普通”なの? あなたを城に閉じ込めているものは、本当は、何なの?」って。

「綺麗事で返すのはやめてください」というご意見

さて、ここで前の記事を振り返ります。わたしがお答えしたのは大体、こういう内容です。

「ノンセクという言葉が生まれたのにはこういう経緯がある。あなたはそれを身につけることを選んでもいいけど、選ばなくてもいい。“ノンセクのわたしとそうでないあなた”でもいいけど、本当はただ“わたしとあなた”だ。そこに生まれ育つ関係性を、世間一般と違ってもいい、オリジナルの意味を込めて、愛、と呼んでも良いのではないか」

これに対して、この回の投稿者とは別の方から頂いたご意見は、次の通りです。

ノンセクの女です。
意見と言いますかモヤっとしたので送らせていただきます。


相手と向き合ってというのはあまりに的を外れていると感じます。セクシャリティを代表して言うわけではありませんが、ノンセクのオフ会やSNSでの交流を通じて感じることは皆それぞれ他人との関係を通じて違和感を感じ、ノンセクに辿り着いているということです。

セックスができない人間はどうしたって生きづらい。だから自分を責めがちになるんです。そこに追い打ちをかけないでください。またこれは理想論で解決できるものではないし、そんなアドバイスを説かれたって、持てる者が高みからなにか「ありがたいお言葉」をかけてるなぁぐらいにしか思えないのです。だって性愛者の皆さんはアドバイスはくれても、結局非性愛者と一生セックスなしでは生きてくれないじゃないですか。

綺麗事で返すのはやめてください。本当に理解できないならそれでもいい。でもそうなら相談に乗らないで欲しいです。

(ご投稿は原文の表現を変えず半分以下の字数に編集していますが、全文拝読しました)

それぞれ見方が違いますね。

前者の、「あなたとわたし」って言ってる牧村朝子さんことわたしは、関係主義的な見方をしている。

後者の、「性愛者と非性愛者」って今回ご投稿くださった方は、本質主義的な見方をしているんですね。

関係主義、本質主義とはなにか

話を聞かずに上から目線で解説してるみたいだな自分、って思うんですけど、違いを踏まえて話を進めるために、解説させてくださいね。わたし個人はこれらの言葉を、それぞれ次のように整理しています。


関係主義 本質主義
・「この社会においてこの言葉で〇〇と呼ばれる、この人のあり方、関係性」

・同性愛を例にするなら:「Aさんという人がいる。Bさんという人もいる。ふたりは同性同士で、恋愛関係にある」

・ノンセクを例にするなら:「AさんとBさんの間には直接の関わりがある。AさんはBさんへの気持ちを恋愛感情と呼んでいる。性欲の対象にはしていない。AさんはBさんと非性愛的な関係だ」

・社会問題を例にするなら:
「他人の困りごとは、自分の属する社会の困りごとでもある。他人の困りごとはわたしにも関係があるのだから、同じ社会を構成するものとして、解決を求めたい」
・「生まれつきの〇〇として生きてきた、この人」

・同性愛を例にするなら:「Aさんは同性愛者だ。同じく同性愛者である、Bさんという恋人がいる」

・ノンセクを例にするなら:「Aさんはノンセクであり、Bさんはノンセクではない。世間一般にはノンセクは少ないので、AさんとBさんの関係性においては、ノンセクのAさんの方が理解されづらいし、改善を求められやすい。Aさんは非性愛者の人間だ」

・社会問題を例にするなら:「ある社会問題については当事者と非当事者がおり、当事者の苦しみは当事者でないとわからない。非当事者はあくまで、応援する立場である」


どちらが良いって話ではないです。「打ち上げ花火、横から見るか?下から見るか?」ってだけの、どこに立って物事を見るかっていうフラットな話なので(わたしやっぱ言ってることが関係主義的だね)。

だから「あなたは本質主義者ね。わたしは関係主義者なの」という、本質主義的な物言いは、しません。誰かが本質主義的にわたしを「性愛者」と位置付けたとしたら、わたしは、関係主義的に……攻撃の意図なく、ただ、あなたとわたしとの関係において、わたしから見えているものとあなたから見えているものをできる限り共有するために、問い返します。あえて敬語ではなく、敬意を込めて同級生に話しかける口調で書きますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jinthebassman カテゴライズの効用を自覚しよう、という話↓ 28日前 replyretweetfavorite

koropanda1 愛のある殴られ方をしてめちゃくちゃ響いた 28日前 replyretweetfavorite

granat_san うわ、素晴らしい記事だった。 29日前 replyretweetfavorite

moxcha 変だなと感じるもののルーツは大体明治維新 29日前 replyretweetfavorite