あなたともあなたの彼氏とも付き合いたいという人はいない

恋人との関係に悩む女性からの相談。とある問題から、何度も恋人と別れようとしたけど別れられなかったという相談者。どう恋人とどう向き合っていくべきか悩む彼女に、幡野広志さんはどう答えるのでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

幡野さんへ

今、私にはお付き合いしている年上の男性がいます。出会いはバイト先で、彼からの猛烈なアタックから始まり、自分にも好意が芽生え始めた時にはもう、身も心も許す関係になっていました。

付き合い始めて半年を過ぎたころ地元に住んでいる3個下の妹が会いに来てくれることになり彼の願いから、彼も加えた3人で遊ぶことになりました。遊んだ日には特に何もなかったのですが、次の日都内の乗り換えに慣れてない妹のため、途中まで方向が同じ彼が電車を一緒にのって送ると申し出てくれたので逆方向の大学に向かう私はそれに甘え2人を見送りました。その時は、無事目的地まで到着できた連絡を妹からもらい、案内をしてくれた彼に感謝し、事は終わりました。

それから3ヶ月後スキーに旅行にいく計画を2人で立てていた時、どうしても彼が妹も連れて行こうと言いだしその必死さに違和感を感じて彼がいない時を狙い、妹に電話でその話をしました。すると妹が、彼には一生会いたくないと話し始め理由を聞くと、私が2人きりにしてしまった時間の中で満員電車ではあったものの彼からの身体的接触があまりに多く、とても気持ちが悪い経験をしたという内容でした。そして別れる間際に「お姉ちゃんには秘密ね」と言われ、いつのまにか交換していたラインもしつこくメッセージが届いているらしくできることなら顔を見たくない、満員電車がトラウマになったと話されました。1人しかいない守るべき妹の身体を汚してしまった姉としての情けなさと、彼から裏切られたショックと怒りですぐに別れを決めました。

怒り狂い喚きながらも話し合いを続けていると、別れるとしてもどうしてもスキーには一緒に行こうというしつこい願いに流され行ったスキー旅行は全て忘れてしまうほど楽しく、いつのまにか関係は元通りになっていました。

しかし、まだ別れていない私に対しての妹から無言の大きな壁ができ、それに我を思い出した私は何度も何度も彼と別れの話をしました。本気で終わりだと思った時期に彼がバイトの後輩の子にアタックしていたことを知り、本当に何も信じられなくなりました。永遠に続く別れ話に精神はボロボロで、その穴を埋めるためにまた彼と離れられなくなる自分の心の弱さから、関係は結局変わらず今に至ります。

ここ半年ぐらいそんな問題もない事実を認めて、これからは私だけを愛すことを信じてほしいという彼の行動全てが何も信じられません。過去のことを忘れることはできないし、心を入れ替えているかもしれない彼を信じることができず、どんな些細なことでもを疑う自分が嫌でたまりません。妹には別れていると嘘をついています。いつか終わりが来る学生恋愛だとしても、これから彼とどう向き合えばいいのか分かりません。考え方をどう変えればいいのでしょうか。

(ばろん 19歳 女性)

一般的な価値観をもっていれば、あなたの彼氏みたいな人とお付き合いをしたい女性はまずいないとおもいます。だって恋人の18歳未満の妹に手をだすような彼氏ですよ。

前シーズンのスキー旅行に行ったのでしょうが、2019年の1月にスキー旅行いったとして、その3ヶ月前に妹さんとの一件があって、さらにその半年前に交際をはじめたと仮定すれば、2018年の4月ごろに彼氏と付き合いはじめたのだとおもいます。

あなたが現在19歳の大学生ということは、付き合ったときは地方から東京にでてきたばかりの18歳だったわけで、実家からの開放感もあり、東京ハイになっていたんでしょう。緊張や不安で慣れないバイト先で彼は優しくしてくれたんでしょうけど、あなたに男性を見る目がなかったのと、彼の脳内がセックスでいっぱいだっただけです。

世の中にはいろんな人がいて、いい人もいて悪い人もいるわけです。人生経験を積まなければ人を見る目というのは養われません。人は失敗を経験して成長するものだし、人から騙された経験で次は気をつけようとなります。

ぼくだって人生を振り返れば、失敗だらけだったし、騙されることだってありました。でもそうやって大人になります、きっと人生ってそういうものです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HigENilmA https://t.co/61kqVUpkIM 24日前 replyretweetfavorite

yukarendra @_c_h_a_s_u_k_e_ ありがとうございます!大好きな 25日前 replyretweetfavorite

mtb_show バイトの未成年に手を出して更にその妹まで落とそうとしてそれがバレてもスキー旅行で完全に挽回したって、性欲とコミュ力がカンストした現代のモンスターだ。 |幡野広志 https://t.co/nMGslY9wXP 28日前 replyretweetfavorite

takaryuhouse https://t.co/SQ6rMaN32s 28日前 replyretweetfavorite