上司が無能だからMBAに来た」というナラティヴ

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのでしょうか? あらゆる現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。立場や権限を問わず、ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合とは──
大反響につき発売3週間で4刷り決定! いま最も注目の経営学者・宇田川元一さんの待望のデビュー作『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』(NewsPicksパブリッシング)を特別公開します。

「上司が無能だからMBAに来た」というナラティヴ

「溝に橋を架ける」というメタファーでこれまで対話についてお話をしてきました。イメージは掴めたでしょうか。

この準備─観察─解釈─介入の4つのプロセスについて、ポイントがあります。

それは、準備の段階がとても重要だということです。

先の章で見た、兄弟の経営者の例で考えると、相手をこちら側の基準で評価するナラティヴをそのまま持ち続けていたら、お互いに支え合う関係になることはできなかったはずです。

また、スターバックスの改革の例であれば、シュルツがもしも、売上が落ちてきているということを見て、それまでと同じように短期的な売上向上策を講じていたら、今のスターバックスの姿はなかったでしょう。そこで大切だったのは、納得ができない出来事があったとしても、まず対話の準備段階として、今の自分のナラティヴで解釈することを一度保留してみることです。

しかし、目の前で起きていることに腹を立てたりしているときは、なかなかその溝の存在を受け入れられないということもあります。

それでも一度、自分のナラティヴを脇に置いてみることが必要です。そうでないと相手のナラティヴは見えてこないのですから。もちろん自分のナラティヴを捨てる必要はありません。大切なものです。あくまでもまずは一度、脇に置いてみるイメージです。

そして、何か自分が今まで経験してきたこととは違うことが起きているかもしれない、何かわかっていないことがあるかもしれないという現実を少し受け入れてみること、これが対話の準備段階としてとても大切なことです。

この準備段階を乗り越えることができると、しっかりと相手を観察できるようになります。


私は10年ほど前、MBAプログラムで教えていたことがあり、そのときの経験は、よくこの現象を表しています。

講義の最初にワークショップをやるのですが、そのときに必ず聞いたのは「なぜあなたはMBAに来たのですか」という質問でした。

そのときに、何人かの若い会社員の方から出てきた入学理由で驚いたものは、色々な表現をとりながらも、「上司が無能だからMBAを取りに来た」というものでした。最初、私はこの意味がよくわかりませんでした。上司が馬鹿だと、どうしてMBAという学位が必要なのか、その論理が理解できなかったからです。

それでもう少し聞いてみると、「上司は自分の考えていることをいつもよくわからない理屈にもならないような論理で、平気で潰してくる。このことがずっと繰り返されていて、とても腹が立って我慢ならない。自分はその上司よりも遥かに有能で、ものがわかっていることをMBAを取得することで見せつけてやりたい。そして、上司にこちらの言っていることの正しさをわからせてやりたい」というような意味であることがわかりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わかりあえなさ」から始める組織論

宇田川元一

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのか? 現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。その「適応課題」と呼ばれる複雑で厄介な組織の問題をいかに解くか。 論破す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

megamurara 「自分」を自分で持ち上げて脇に置く。 28日前 replyretweetfavorite

shigekey "自分の描く理想状態とギャップが歯がゆいのはわかりますが、現実の中で一歩目を踏み出すことが、そのギャップを埋めるためにとても大切なのです。" |宇田川元一 @MotokazuUdagawa | 30日前 replyretweetfavorite