NETFLIXが火を付けた リモコンボタンの入札合戦

絶大な資金力で米ハリウッドを席巻するネットフリックス。その影響力は映画産業にとどまらない。家電業界では、テレビ用リモコンの“顔”を一変させるほどの力を見せつけている。

 ついにネットフリックスがカネの力で“一等地”を確保した──。

 2018年春、こんな話題が一部の業界で注目を集めた。一等地といっても不動産の話ではない。ネットフリックスが押さえたのは、テレビ用リモコンのボタンの位置である。

ソニーのテレビ用リモコン。ネットフリックスは最上部の“一等地”を確保した

 ネットフリックスがリモコンに専用ボタンを設置させる戦略を始めたのは、日本に上陸した15年のこと。メリットは、ワンタッチでサービスにつながるという利便性の高さだけではない。視聴者が日常的に使うリモコンに専用ボタンを付けることで、最高の広告になるのである。

 当時、ネットフリックスは家電メーカーに対し、リモコンの製造原価の10%を負担することを提案したという。この提案に、日本の家電メーカーは飛び付いた。

 とはいえ、家電メーカーもテレビ局の機嫌を損ねるわけにはいかない。ネットフリックスの専用ボタンは多くの場合、テレビ局を選ぶ数字ボタンよりも下の位置に置かれていた。

 ところが、ソニーの薄型テレビ「ブラビア」の18年夏モデル。リモコンが一新され、ネットフリックスは電源ボタンのすぐそばの最上部に、専用ボタンを確保したのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年4/20号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-04-15

この連載について

初回を読む
NETFLIXとナベツネとコンテンツの未来

週刊ダイヤモンド

メディア王──。コンテンツを届ける産業には、時代ごとに“勝者”が存在する。彼らは人々の日常生活に入り込み、ライフスタイルを変え、世論を動かす。その圧倒的な影響力の源泉は何か。本誌は新旧二つのメディア王に焦点を絞った。読売新聞グループと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード