共通点②】顧客との距離を最短にした「流通網」

ナベツネとネットフリックスには、それぞれ他社にはない競争力の源泉となる流通網がある。

 読売新聞を率いるナベツネの持つ流通網の最大の特徴は、日本全国約7000店の販売店だ。朝日新聞や毎日新聞は、人口減少が急速に進む郊外から人口密集地の都市圏へ販売の重点を移しており、販売店数は右肩下がり。そんな中、読売新聞は日本全国、津々浦々に配達する態勢を維持。自前の販売網を死守している。それが世界最大の新聞の地位を揺るぎないものにしている。

 一方、ネットフリックスは世界190カ国以上で、会員が好きなときに好きなコンテンツを、どこででも見られる体制を整えた。

 コンテンツのデータ供給を支えるのは、米アマゾンのクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス」。ナベツネと違い、こちらは自前ではない。

 だが、同社の自慢の技術部隊が、通信インフラの強弱に左右されずに大容量の映像データを見ることができるように、データ伝送や圧縮の技術を改善。どのような環境でも、快適に動画が楽しめる体制を整備している。

顧客の心理にまで入り込んだ
ネットフリックス

 2社は強固なメディアの流通網を持っているという点で共通しているのだが、その中でも最大のポイントは、読者との距離だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年4/20号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-04-15

この連載について

初回を読む
NETFLIXとナベツネとコンテンツの未来

週刊ダイヤモンド

メディア王──。コンテンツを届ける産業には、時代ごとに“勝者”が存在する。彼らは人々の日常生活に入り込み、ライフスタイルを変え、世論を動かす。その圧倒的な影響力の源泉は何か。本誌は新旧二つのメディア王に焦点を絞った。読売新聞グループと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード