友達は多い方がいい」は論理的に正しくない⁉︎

「友達は、多ければ多いほどいい」ノリの良さと愛嬌で生きてきた29歳ド文系ホテルマン・翔太の主張に対し、17歳、社会経験ゼロの詩織がアドラー心理学と「円」のたとえを使って“証明”していくさまは、本質的で爽快。誰かに振り回されがちな人間関係や「インスタ映え」に追われる生活に疲れ気味の方、必読です。

3

「いや〜、今日はありがとうございました。途中で体育館を抜け出す者がいなかったのは、今回が初めてですよ」

校長から深々と頭を下げられ、さすがの翔太も恐縮した。楽しそうに帰っていく生徒の姿を見て、校長の山上は本当に嬉しそうだ。

「こちらこそ、貴重な機会をいただきありがとうございます。せっかくなので、一人で校舎を少し見てから帰りたいのですが」

快諾を得た翔太は、かつて過ごした教室に足を運んでみることにした。

3年生の時の教室は……たしか4階のちょうど真ん中あたりだったと記憶をたどる。校舎の中は10年前とほとんど変わっていない。まさに、タイムスリップした気分だ。

目当ての教室はすぐにわかった。同じような教室が並んでいるのにすぐに見当がつくのは不思議な気がしたが、間違いなくここだ。少し高揚しながら、扉を開けて中に入る。黒板。机と椅子。ロッカー。差し込む夕日。まるで学園ドラマの一コマに入り込んだようだ。窓際まで足を運び、校庭を眺める。かつて、この場所で1年後輩の美奈に告白されたことを思い出していた。

「あの、ちょっといいですか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
論理ガール -人生がときめく数学的思考のモノガタリ-

深沢真太郎

ビジネス数学教育家・深沢真太郎が満を持して書き下ろした、青春数学自己啓発小説! 「私たち若者に、間違ったことを教えないでくださいーー。」 ひょんなことから母校の高校で卒業生講演会に招かれた29歳のド文系ホテルマン...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shinchan0922 詩織と翔太の出会い。 27日前 replyretweetfavorite