やりたい事とやれる事

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、自分の「やれる事」を早々に見つけて、そこに生きる意味を見出したというエピソードです。

やりたい事と、やれる事は違う・・・

このことに気付くのが私はちょっと早かった様に思います。

恥ずかしながら、(なんで恥ずかしいか分からないけどなんか恥ずかしい)私は、中学、高校と、演劇部に所属しておりました。

そう、演劇に興味あり、でした。

高校1年生の時には、当時関西で人気だった「劇団☆新感線」

のオーディションに合格、出演しました。
実はこの頃はまだ全く劇団の事は知らず、バトントワリング部の同級生に、一人でオーディションに行く勇気がないからと、誘われて、参加しました。

1公演限りのバックダンサー募集という事だったので、ダンス音痴の自分が受かる訳ないと思い、ただなんとなくの興味でついて行きました。

そしてありがちな、付き添いの友人のみ合格してしまうというパターン。

なんだか気まずいなと思いましたが、その友人は、私の合格をめちゃくちゃ喜んでくれて、(ええ子やなあ)私がそこに所属する事で、自分も劇団と近くなるから嬉しいと、言っていました。

本当にこの劇団が大好きだったのですね。

こんな感じで学校の講堂以外では、初めて舞台に立つことになった私。

その頃の劇団☆新感線の座長は今と同じ、いのうえひでのりさん。
今と同じ金髪で長髪でしたが、かなりスリムでした(いのうえさん、ごめんなさい)。

劇団員にはメインの古田新太さん(こちらも今よりかなりスリム)、まだ学生の羽野晶紀さん(アイドル的可愛さ)がいらっしゃいました。

私と同期?!で入った方々は、学生さん、OLさん、夜のお仕事のお姉さん、バイトさんなど様々でした。勿論高校生は、私一人。未知すぎる世界・・・。

いくらお客さんがたくさん入る人気劇団とはいえ、

まだまだ所属役者がそれで食べていけるほどの収入はありません。
みなさんそれぞれアルバイトやお仕事をしながらなので、お稽古は夕方の時間帯でした。

私は学校帰りにジャージを持って、制服で地下鉄に乗って稽古場までほぼ毎日、約1ヶ月間通いました。校則が非常に厳しい学校でしたので、前述の友達以外、誰にも内緒です。

中学からお嬢様進学校(私は普通の家でしたが)に徒歩で通っていた私にとってそれはそれは刺激的な日々でした。

まず「肉練」(凄いネーミング!)と呼ばれていた肉体訓練のため、梅田の街をジャージで走り、稽古場に戻ったら、腹筋、背筋運動、発声練習、ダンスの振りをつけていただく。

台詞の無い私達は皆さんの稽古をひたすら見守る。
ダンスが苦手な私は、振りが覚えられなくて、(しかも期末テスト期間はお休みをいただき遅れていたため)棒人間のイラストで
メモっていたら、古田さんに、
「そんなん書くより体で覚えろ!」と呆れられました。

そんななか、何より貴重な体験と感じたのは、今までの自分の狭い世界の中では絶対に出会うことの無かった方々と、濃密な時間を共に過ごしたということです。

特に同期の方々とはたくさんお話をする機会があり、「大人の世界」を少し覗かせてもらっている気がして、毎日ドキドキしていたように思います。

この人達は、収入にはならないし心身共にクタクタになるけれども、お芝居が大好きで、続けている。
そしてそれが楽しくて仕方がない感じ。

衣装も小道具、大道具も手作り、劇場入りしたら、セットの建て込み、幕が開いたら、お客さんの誘導まで自分達でやってそれもまた全部が楽しくて仕方がない感じ。

私も本当に微力ながら、その中の一員として参加させていただき、楽しくて仕方がなかったです!

そしてあっという間にその素敵な時間は終わりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません