たくさんの人の手作りでできた特別なウエディング

婚約を決めた娘のたっての希望で、自宅での手作り結婚式を行なった渡辺由佳里さん。多くの人がさまざまなものを「手作り」してくれた思い出深い結婚式となりました。

ウエディングで高まった私のクラフト熱についてはこれまで何度かお話ししたが、娘の結婚式では、それ以外にも多くの人が「手作り」で貢献してくれた。今回は、(これまでご紹介したものも含め)ウエディングで重要な役割を果たした「手作り」の数々をご紹介しよう。


私にとっては、「自宅の土足問題」をふくめて、会場のデコレーションを考えるとこから全て「手作り」だった。

創作そのものは、手間がかかっても楽しかったのだが、テントやガレージなど、ウエディングの寸前までできない飾り付けのスケジュールを考えるのは辛かった。すでに忙しい人たちに頼むのは心苦しいのだが、どうしても困ったときには、遠慮せずに頼もうと思い、しばらく前からベンのお母さんと私の友人に「式の前日だけデコレーションを手伝いに来てほしい」と予約しておいた。

ベンのお母さんが韓国から訪問している妹と姪を連れてきてくれ、4人の女性がテントの飾り付けを手伝ってくれた。お喋りしながらなので、作業も楽しい。特別な時間をシェアできて、彼女たちにも良い思い出になったようだ。


私の指示でテントの飾り付けを手伝ってくれた女性軍団。


会場準備中。窓枠に置いているのは、ある夜私がふと思いついて作ったチュールとコーヒーフィルターの花の「飴玉くるみ」。飾り付けをしている日に背が高い夫が出張で不在だったので、ペンキ用のはしごを使って設置。


すべての準備を自分たちでやった。

アメリカのバックヤード・ウエディング(裏庭を使った結婚式)に欠かせない、大きな手作りをしてくれたのは、ベンのお父さんだ。

「ウエディング・アーチ」は式で誓いの言葉を交わす場所を特別にする。アリソンとベンのウエディングでは、家具作りを趣味にしているベンのお父さんがそれを手作りしてくれたのだ。

それを私とアリソンが一緒に布やリボンでデコレーションしたのだが、母娘一緒にウエディング・アーチを飾るのは儀式のようで、とても感慨深かった。
また、フラワーアレンジメントを自分でやるという野望は挫折したが、私が頭に描いていたイメージがプロの手でちゃんと実現したのはちょっと誇らしかった。


花屋さんに「こんなのにしてください」と作って見せ、当日実現したフラワーアレンジメントの数々。右はベンのお父さんが「鳥居」のイメージを取り入れて作ってくれたウエディング・アーチ

ウエディングでは、花嫁が入場する直前に、フラワガールとリングベアラーが行進する。フラワガールは花びらを撒き、リングベアラーは「指輪交換」の儀式のための指輪を運ぶ。リングベアラーは通常「ピロー」と呼ばれる小さな枕に指輪を載せるのだが、私は、フラワーガールとリングベアラーの両方がナンタケットバスケットを持つことを提案した。せっかく、ベンの従弟の双子(姉弟)がフラワーガールとリングベアラーの役割を果たしてくれるのだから。


フラワーガール用のバスケット(左)とリングベアラー用のバスケット(右)を白いリボンと手編みの花で飾り付け

リングベアラー用のバスケットの底にあわせてニードルポイント(刺繍)のピローを作ってくれたのは、義母だ。

義母のニードルポイントの腕は「名人」の領域で、毎年孫たちのために異なるデザインのクリスマスオーナメントを作ってくれる。リングベアラーのピローも、結婚式のテーマ(赤と鶴)に合わせたものにし、結婚式に使用した後にクリスマスオーナメントにできるようデザインしてくれた。こうすれば、毎年クリスマスツリーを飾るたびに、結婚式のことを思い出すことができる。


リングベアラーが指輪を運ぶ「ピロー」として義母が作ったニードルポイントのオーナメント。バスケットを選び、リボンとかぎ編みの花で飾ったのは私。

このピローに乗せる指輪も、ベンとアリソンの手作りだった。
一般的には花嫁は大きなダイヤモンドがついた婚約指輪を求めるものだが、アリソンは最初から「婚約指輪はいらない」ときっぱり伝え、そのかわりに、アリソンがベンの、ベンがアリソンの結婚指輪を手作りしたのだ。


互いへの思いを込めて作った指輪(左上)で指輪交換(右)。それを興味津々でチェックする参列者(左下)。

アメリカで正式に結婚するためには、場所によってバラエティはあるが、通常は「結婚許可書」を得てから儀式を行い、書類に署名して提出し、「結婚証明書」を得る。この儀式を行うのは伝統的には宗教の司祭だ。だが、無宗教の人や、シンプルな結婚式をしたい人は、市役所や裁判所(地域によって法が異なる)で「シビル・セレモニー(民事婚)」をすることもできる。これもまた地域と法によって異なるのだが、シビル・セレモニーでは役所の職員や判事が司祭役になる。

ベンはカトリック教徒の家庭で育ったが、さほど信心深いほうではない。一方のアリソンは、(私たち両親の影響もあって)「アグノスティック(無神論者ではなく、神の存在を証明することも反証することもできない不可知論の立場)」だ。一般的には、新郎新婦の宗教が異なってもどちらかの宗教で結婚式を挙げるものだが、ベンとアリソンの場合は、アリソンの友人のジェニーがオンラインで資格を取って無宗教の「司祭」の役割を務めてくれた。


司会のアナ(左から2人め)と司祭のジェニー(左から3人め)は、ユーモアたっぷりのスピーチで皆を笑わせた。


アリソンに送る誓いの言葉を語りながらつい涙ぐんでしまうベン。それを暖かく見つめる参列者たち

ジェニーが着たカトリックの司祭の祭服も、じつはベンの手作りなのだ。幼い頃からアートに興味があり、絵を描く才能もあるベンには裁縫の趣味もある。ベンは、自分の結婚式のために、アンリ・マティスがデザインした祭服を見事に再現した。


ベンが手作りした祭服の前(左)、後ろ(右上)、それを着た司祭役のジェニー(右下)

ウエディング・ドレスに日本の帯を使うのは花嫁であるアリソンの発案だった。だが、ベールを手作りすると決めたのは、コストカットに熱心な私だ。ここまで手が込んだベールを作ったのは、「日本人だからアメリカの結婚式のことなんか知らないだろう」と私をまったく信用していない義母へのちょっとした反抗心もあったのかもしれない。


最初から最後まで手作りのベール。花の部分は太さが異なる糸を使ったかぎ編み。花のデザインは、子どもの頃に母から習ったかぎ編みを思い出しつつ自分で考えた。

私の妹がアリソンに贈った帯は、結婚式と写真撮影には素晴らしいが、あちこちを歩き回ったり、ダンスを踊ったりするのには適さない。床を引きずるタイプのアメリカのウエディング・ドレスもそうだ。ドレスのほうは、挙式の後に短くする(バッスリング)ようになっているので、帯も記念撮影が終わったら独自の「簡単帯」に変えることに決まった。


結婚式のときのウエディング・ドレス(左)と、動きやすいようにドレスを「バッスリング」し、帯を変えたもの(右)。簡単帯についていた紐が気に入らなかったので、それを取り去り、絹の飾り襟を紐として使った。

着替えのタイミングは、メイド・オブ・オナーのハナと話し合って決めた。撮影が終わったら、新郎新婦の入場とダンスの前にハナがアリソンの帯をほどいてバッスリングし、動きやすい簡単帯に変える(なぜ私がそれをしなかったかというと、新郎新婦の入場直後のダンスで私が2階のバルコニーから歌うことになっていたからだ)。


記念撮影が終わった後、「ファースト・ダンス」の前に前庭で帯を結び直しているハナ

この簡単帯は、イギリスに住むイギリス人女性が鶴の柄の帯から作ってくれたものだ。インターネットで知った彼女とメールでやり取りし、同じ布からアリソンの帯と花嫁の父の蝶ネクタイを作ってもらった。


アメリカのウエディングに欠かせない父と花嫁のダンス。夫の蝶ネクタイと娘の簡単帯は、私のオーダーでイギリス人女性アーティストが同じ帯から作ってくれたもの。「帯」のような夫の「カマーバンド」は、義母のニードルポイント。(背景の絵は20年くらい前の私の作品)

ふつうのアメリカの結婚式ではシャンパンで乾杯なのだが、アリソンの希望で日本酒とお猪口で乾杯ということになった。そのときに使用したのは、多くの人びとの思いやりが集まったお猪口だった。


多くの人の思いやりで集まったお猪口(左)と乾杯のスピーチをする花嫁の父(右)


乾杯のスピーチを聞いている参列者たち。(左上はベンの両親)

そして、披露宴に欠かせないのがウエディング・ケーキのカットだ。アリソンが一番好きなケーキは日本のいちごショートケーキで、それをアナがウエディング・ケーキにしてくれた。


「崩れないイチゴのショートケーキ」を研究してウエディング・ケーキにしてくれたアナ(右)。それをじっと見つめる「リングベアラー」役を務めたベンの従弟(左)。

そして、そのケーキ台を飾ったのは、私たちが結婚したときに母がくれた手編みのレースだ。


ケーキカット!

アリソンとベンのウエディングは、多くの人が「この世界でひとつだけ」のモノを作り、それがあちこちにちりばめられていた感謝たっぷりのものだった。

涙もろいベンはこの日何度も涙ぐんでいたのだが、幼稚園のときから一度も涙を見せたことがないメイド・オブ・オナーのハナが、披露宴の最中にわんわん泣き出したのには驚いた。それだけアリソンに思いをこめてくれていたのだ。私も涙ぐんで、アリソンと一緒に3人で抱きしめあった。

ボストンで「働きたい会社」のナンバーワンに何度もなった会社のCEOであるブライアンは、夫の親友で、アリソンが高校生の頃から何度も会っている知り合いだ。多くの結婚式に参列しているブライアンが、結婚式の後で「これまで行ったなかで一番良い結婚式だった」と何度も言ってくれた。

それはきっと、たくさんの人が一緒に作ってくれたものだからだろう。

(つづく)

 〈次回は11月15日金曜日に更新予定です〉


この連載の書籍化を希望する出版社、大募集中!
(お問い合わせは support@cakes.mu まで)

この連載について

初回を読む
まさかの自宅ウエディング

渡辺由佳里

娘のアリソンが長年のボーイフレンドのベンと婚約を決めた。と思ったら、「ウエディングは自宅でする」と言い出してパニックに陥ってしまった渡辺由佳里さん。自身の経験から結婚式にトラウマも抱える渡辺さんとその家族の1年にわたる「手作り結婚式」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fujikokoni もちろん本人たちの努力もあるのだろうけど、羨ましいほどの幸せな… https://t.co/p8g6TWHznu 1日前 replyretweetfavorite

kitamaru 渡辺先生、お疲れさまです……というしかないけど、連載はまだ続く!Σ (゚Д゚;)>> 1日前 replyretweetfavorite

tinycrop 様々な人の思いと文化が融合した素晴らしいウエディング! 3日前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe #まさかの自宅ウエディング 最終回のひとつ前の次号は、ついに私がキレた逸話。 「いつかキレた話をします」とお約束していたので😅 今のうちに心を温めておいてくださいませ😂 https://t.co/jxouR3m088 https://t.co/Fufj1W7RiB 3日前 replyretweetfavorite