晩酌歳時記

第二十九回・鯖

一人暮らしを始めて十年目になりますが、未だに体重計も体温計もありません。測ってもしょうがない……そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。久住昌之先生のふらっと朝湯酒、もちろん私も愛読してます。ちなみに『花のズボラ飯』の花ちゃんより『孤独のグルメ』の五郎さんに共感しきり。

 お腹は空いているのに、何を食べたいのかわからない。えーと、餃子はこないだ食べたでしょ、秋刀魚はまだ冷凍ものだし。ツマミを二、三品作るのは面倒くさいけど、丼もので済ませるのもちょっとさびしい。うーん……私の腹は今、何腹なんだ。脳内ではドラマ版『孤独のグルメ』の名台詞が勝手にアレンジされて、アレでもない、コレでもない、と何腹問答。
 この状態に最も陥りやすいのが、今の時期だと思うんですね。まだまだ暑いけど、冷たいものはちょっと勘弁、かといって焼肉とか揚げ物も何となく疲れる。毎年これを繰り返して、わかってきたのは鍋、じつは鍋こそが「正解」への近道ではないか。自覚症状はなくても胃腸は確実に弱っている。最初はピンと来なくても、あったかくて消化によいものを収めると、身も心も存外満足するはず。
 豚バラ白菜鍋、湯豆腐、キムチ鍋、おでん、水炊き、カレー鍋……どれも何か違うなあ。本棚から数年前の鍋特集の料理雑誌を取り出して、パラパラ。お、サバ味噌鍋、これなんかいいんじゃない。作ったことないけど、要はサバ味噌でしょ。味は大体想像できる。
 ところで、サバの旬っていつだっけ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mayanomi はああ夜なのに旨そうな文章を読んでしまった…サバ味噌鍋…じゅるり。 4年以上前 replyretweetfavorite

IAmemiya サバ味噌煮鍋、読んでるだけで腹にしみる気がします。いつにも増して飲み食いしたくなりました。 4年以上前 replyretweetfavorite

wwwac_1980 〈告〉晩酌歳時記二十九回・鯖 最近鍋物美味 今日甘藍豚バラ鍋大蒜醤油添予定 (・ω・)ノ https://t.co/6SPeqCOQsJ 4年以上前 replyretweetfavorite