BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

BL『いとしの猫っ毛』を彩る、進化していく女性キャラたち

自分の家族や身近な友人に、「ゲイなんだ」「レズビアンなの」と打ち明けられたとき、あなたはどんな言葉を返すでしょうか? 溝口彰子さんが提唱する「進化形BL」とは、BLを楽しんで読むことを通じて、ありえるかもしれない現実への考えを深めてくれる作品のこと。今回は、そんな「進化形BL」のひとつ、雲田はるこさんの『いとしの猫っ毛』に登場する女性キャラクターに注目します。最初は「同性愛なんて」と言っていた彼女が、何をきっかけにして、どう変化していくのか見ていきましょう。

「同性愛に反対」のキャラが変化していく

溝口彰子(以下、溝口) 今回は『いとしの猫っ毛』(※1)において、最初は男性の同性愛を受け入れられなかった女性キャラたちが、それをどんなふうに受け入れていったのか考察したいと思います。


いとしの猫っ毛

※1『いとしの猫っ毛』:2010年から『BE・BOY GOLD』(リブレ)で連載中。幼なじみで恋人の美三郎(みいくん)のもとへ上京してきた恵一(恵ちゃん)。みいくんが管理人をしている「またたび荘」が愛の巣になるかと思いきや、個性的な住人に囲まれてなかなかラブな空気になれず。ふたりが真の恋人になるには、乗り越えなくてはならないハードルがあった。

具体的には、みいくんのおばあさんと、亡くなったお母さんですね。おばあさんは、ふたりが暮らすアパート「またたび荘」の大家さんをしています。最初は「ゲイなんて」「同性愛なんて」と反対し、恵ちゃんをみいくんの彼氏だとは認めませんでした。


『いとしの猫っ毛』より ©雲田はるこ/リブレ(※「沢田」は恵ちゃんの名字)

雲田はるこ(以下、雲田) 怖い顔(笑)。

溝口 怖いですね。おばあさんは、みいくんの父である息子をすでに亡くしていることから、孫のみいくんにははやく結婚して子どもを作ってほしがっている。だから、「あとはいいお嫁さんね」と、“男性カップルなんてダメに決まってる”と釘を刺したりします。上のコマは、上京した恵ちゃんとみいくんがアパートの玄関でいちゃいちゃしていたのを見て、怖い顔で割って入るシーンです。また同じお話のなかで、はっきりと恵ちゃんに「美三郎(みさぶろう、みいくんのこと)と別れなさい」とも言っています。

雲田 そうでしたね。

溝口 私がすごいなと驚いたのは、こんなことを言いつつも、おばあさんは恵ちゃんの「いいところ」をどんどん褒めるんですよ。「お茶淹れるの上手ね」「玄関掃除したの、アナタ? あんなにピカピカなの久々に見たわ」「あなたみたいな住人なら大歓迎だわ」などなど。恵ちゃんが、みいくんしか家族がいない彼女に「もし二人なのがさみしかったら 僕のことも孫だと思って下さい…」と言ったことに対しては、「この歳で孫が増えるの? ステキな話ね」なんて返したりもする。でもその直後、「ほんと、アナタいいお嫁さん貰えるわよ」と、そこに戻ってしまうんですが……。それでも、“お話もしたくないわ”と完全に拒絶するのではなく、抵抗感はありつつも目の前にいる沢田恵一という人間の、自分がいいと感じるところは具体的に認めていく。その複雑な描き方は、とても感動的でした。


ホスト役の溝口彰子さん

雲田 ありがとうございます。みいくんと恵ちゃんが住む「またたび荘」というアパートを作っていくときに、みいくんと恵ちゃんの関係に対して、序盤は「みんなが大歓迎」という感じで描いていました。でも、それだけでいいのかな?と思い、ふたりの関係の障害となるおばあちゃんを出したんですよね。でも、私は意地悪な人を描くのがすごく苦手なので、最初のうちはこの人をどうしたらいいのか全くわからなくて……。描いているうちに、なんだか辛くなってきちゃったんですよ(笑)。「この人、どう説得すればいいんだろう」ってずーっと 考えながら描いてたんです。たしかに家のことなどを考えると頭が痛いと思うんですが、おばあさんは、恵ちゃんを嫌いになる理由がないんですよね。だから、「だんだん恵ちゃんのことを好きにならせればいいんだ」って途中で気づいたんです。

溝口 なるほど、そうなんですね。

雲田 おばあちゃん、恵ちゃんのことはすごく気に入っていて、気に食わないところといえば「男である」というその一点だけ、なんですよね。だから、「みいくんと恵ちゃんが好き同士でいることが、なんでおかしいことなのかな?」と、そこにだんだんと気づいていくという、おばあちゃん自身のストーリーを描けばいいんだな、と気づいてからは楽しかったです。

「血のつながりにこだわらない家族」がテーマのひとつ

溝口 ひ孫の顔が見たいと思っていたおばあさんが、それを諦めるという転換点では、またたび荘に住む小学生のケンタくんが「おばあちゃんが産んだら!?」と言いますよね。それもすごく絶妙だと感じました。「残念だけどおじいちゃんが生きてればね~」とおばあさんが返すと、「ぼくがお嫁さんにしてあげるよー!」って言うでしょ(笑)。そこで一旦、おばあさんのこだわりが解けたようにも読めました。


『いとしの猫っ毛』3より ©雲田はるこ/リブレ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL進化論 セクシュアリティの歴史、BLの未来

雲田はるこ /紗久楽さわ /溝口彰子

BL愛好家で研究者の溝口彰子さんが、2019年4月にホスト役をつとめた「フューチャーコミックスPRESENTS~BL進化論 サロン・トーク~VOL.2」の模様をcakesでもお届け! ゲストは『昭和元禄落語心中』や『いとしの猫っ毛』の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

urithree 大好き、いとしの猫っ毛 温かくて心がポカポカして、切なくなって、また陽だまりに戻ってくる 大好き https://t.co/Ts8KP1dDZf 16日前 replyretweetfavorite

skybluepeace32 https://t.co/HmAXaHY7sM 20日前 replyretweetfavorite

granat_san やっぱり面白いな。 20日前 replyretweetfavorite