いつまで森喜朗の言うことを聞くのだろう

今回取り上げるのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗。問題が次々に吹き出している東京五輪。そんな五輪準備に携わる政治家たちについて、武田砂鉄さんが考察します。

「テレビ局が私をおとしめるために……」

政治家が「発言の一部を切り取られて報道された」と取り急ぎ述べることで自分の問題発言を薄めてみるのって、もはやお家芸と化している。首相時代の衆議院選挙の演説で、「無党派層は投票に行かずに寝ていてくれたらいい」と述べた森喜朗が、あとになって、あれは一部を切り取られたものだ、と主張しているので、耳を傾けてみよう。

発言した映像を振り返りながら、「私は『寝ていてくれたらいい』に続けて、きちんと『でも、そうはいかない。そんなことは現実にはありえない』と言っています。テレビ局がオン・エアに際し、私をおとしめるために……(以下略)」(森喜朗『遺書 東京五輪への覚悟』)とある。いや、別に「私たちを寝かせたままにして、選挙に行かせようとしない森はヒドい!」とマジで思っているわけではなく、有権者を軽視する態度を問題にしたに決まっている。発言は2000年、書籍刊行は2017年、17年越しの満を持した言い訳のピントが、豪快にズレているのだった。私たちは、この感じを「いかにも森さんらしい」と受け止め続けてきた。

マンション買った人ファースト
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KKsamurai #SmartNews 森は誰が任命した?日本の国益に反する。 https://t.co/PF9KuBS4cQ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Rino_m_no5 #action954 https://t.co/OFRgemCwNF 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

taka_yt か? #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

2525msnr 森喜朗とかナベツネとか老害中の老害だよね(笑) https://t.co/PPhJrOn681 約1ヶ月前 replyretweetfavorite