桃山商事の恋バカ日誌

彼氏に浮気されても別れられない理由は「収穫問題」

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、さまざまな角度から恋バナ談義を繰り広げるこの連載。「別れない理由」第3回となる今回は、彼氏に浮気されてもなかなか別れる決心がつかなかったワッコさんのエピソードをお届けします。手塩にかけて育てた彼氏を手放す際に生じる「収穫問題」とは?

クソメンと付き合うと発生しがちな「収穫問題」とは!?

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今週は「別れない理由」について語っています。

森田 前回は同棲しているクソメン彼氏に苦しめられている女性のエピソードを紹介しました。彼女の中には、「これまで我慢してきた分の元を取りたい」という気持ちがあるとのことだったよね。

清田 カレは浮気もしていて、大人しく別れたら浮気相手のところにあっさり行っちゃいそうな状況だった。

ワッコ 彼女の気持ちはわかりみが深かったですね。こっちがただ孤独になって終わりとか、イヤじゃないですか。

森田 ワッコは、カレシに浮気された後も関係を続けていたことがあったよね。

ワッコ わたしが同棲していた元カレは、浮気がバレてフルチン土下座をした後も同じ相手とセックスしていたようなクソメンだったんですけど、だらだらと同棲を続けてしまい、なかなか別れることができませんでした。

森田 土下座する前の「泳がせている」時期もけっこう長かったでしょ?

ワッコ 長期に渡って経過観察してました。周りからは「もう別れればいいんじゃないか」と散々言われてましたね。

清田 その時の「別れない理由」ってなんだったの?

ワッコ いろいろあるんですけど……ひとつには、家が好きっていうのがありました。そのとき一緒に暮らしていた家がめっちゃ好きだったんです。収納もすごい広かったし(笑)。

清田 居心地も機能も申し分なかったと。

ワッコ あとは、最初はそんなに好みじゃなかった彼氏の見た目が、徐々に自分好みになってきたっていうのもあったかもしれないです。「仕上がってきたぞ」と。

清田 ワッコが磨いてきた感がある?

ワッコ 一緒に買い物に行って服を見繕ったり、自分が行っている美容院を紹介したりした結果、付き合い始めた頃よりはずっとよくなった感覚はありました。別れるとその状態でリリースすることになりますよね。

森田 せっかく育ててきたのにね。

ワッコ 無名時代から手塩にかけてきたタレントさんを、スターダストみたいな大手事務所に持ってかれる、みたいな(笑)。

清田 それは野球とかサッカーでもよくあることで、4番を打てるまで育てたのに巨人が持ってっちゃった、とか。

ワッコ ちなみに彼はべつに一般的に言うイケメンとかではなかったので、あくまでもわたしのなかでの4番であって世間様の4番ではないとは思うんですが……。

清田 これって我々が「収穫問題」と呼んでいる問題だよね。クソメンだったカレシと散々苦労してコミュニケーションを図り、全然やらなかった家事もするようになって、服装や清潔感とかもアドバイスして、ようやくマトモになってきたところで別れてしまい、次の彼女がコストを払わずごっそり収穫していくという。サクッと結婚しちゃうケースも多いみたいだし……。

ワッコ ほんとに悔しいんです、それ。わたしの元カレも、今は市場に出ているわけじゃないですか。自分がそれを収穫したい気持ちは全くないんですけど、浮気もできるくらい世の女性から需要があるっていうのは、なんかムカつくんですよね。

森田 彼自身は「収穫問題」の構造を自覚してないだろうしね……。

特大の「別れる理由」を探していた

森田 あとさ、その当時ワッコは「カレと浮気相手がセックスしてるところを撮影したい」としきりに言っていたじゃない? 傍から見ていて、ちょっと心配になるような情熱をかけていた。あれはなんだったのかな?

ワッコ 多分、わたしは別れる理由をずっと探してもいたんですよ。自分が納得できるような特大の別れる理由が欲しかったんだと思います。

清田 なるほど。その状況を吹き飛ばすような強風を望んでいたわけね……。

ワッコ 「見てしまったらとてもじゃないけど同棲なんて続けていられない」っていうエグいシーンを目の当たりにしたらさすがに別れられると思ったんですよ。

森田 実際に浮気現場まで行ってたよね?

ワッコ 友達に週刊誌の記者がいるんですが、彼女に相談して、「どういう機材を使えばいいか」とかいろいろ教えてもらって。さすがに写真を撮るのは難しいから、音声だけでもおさえようとか。

清田 本格的すぎる(笑)。そういえば、探偵も雇ってなかった?

ワッコ はい。かなりお金を突っ込んでました。

清田 本来は浮気をされているだけでも「嵐」になりうるよね。何度も繰り返されると感覚が麻痺してしまいそうだけど。

ワッコ 周りはみんな別れた方がいいって言うし、わたしもこの人と結婚することはないだろうなと感じていて、だけど別れられない理由もいろいろあるという状況で……当時のわたしは、「頭の中では別れたほうがいいとわかっているのに、別れることができない」ということに悩んでいたんだと思います。早くその悩みから解放されたくて、浮気セックスを撮ることに人生をかけていたのかなと。

森田 あの情熱はそういうことだったのか……。ただ一方で、ワッコはそのカレと別れた後に2ヶ月くらい、毎晩のように泣いてるって話してたじゃない?

ワッコ 泣いてましたね。

森田 悩みから解放されたはずなのに、気持ち的にはラクになったわけではなかったということだよね。

ワッコ そうですね。もちろん、「本当は彼のことが好きだった」とかそういうドラマチックな感じでは全然ないんですけど……付き合ってた期間に排出された卵子の数を数えて絶望したりしてました。

清田 どういうこと!?

ワッコ わたしは一体、何個の卵子をムダにしてきたんだろうと、付き合った期間を「卵子換算」したんです。そしたらすごい鬱になっちゃって。

森田 数値化しちゃうときついよね……。

ワッコ 「えー! 80個も無駄にしてんじゃん!?」みたいな。受精できるはずだった卵子がこんなに無駄になってるんだ……ってほんとに落ち込みました。

森田 泣いていた理由はそれが一番大きかったの?

ワッコ それも大いにありますね。あと、ベースにあった「孤独死するんじゃないか」という不安がどんどん膨らんでしまったんです。彼氏がいる期間は、その不安が和らぐんですよ。別れてみたら、このまま死ぬまで一人暮らしで、誰にも知られず死んで、下手したら死んだことにもしばらく気づかれないんじゃないかという不安が襲ってきて。そういうことを考えると恐怖で眠れなくなるんです。わたしの場合、実家とも距離をおいているので、病気をしたり災害にあったりしても家族に頼ることはできないし。

清田 ベースはそこにあるのか。

ワッコ 「わたしのことを気にかけてくれる存在は世界にひとりもいない」という懸念は常にありますね。

清田 彼氏がいると、マイナスがゼロになるって感じなのかな。

ワッコ はい。不安が薄らぐんですよね。

森田 毎晩泣いてしまうほどのネガティブな感情なんだから、それを埋めていたものとなかなか決別できなかったのは無理ないよなと思う。

ワッコ まあ、今となっては“なんだかんだ一人暮らしもいいよなあ”とか思ってるんですけどね。

森田 ワッコの「フルチン土下座の彼氏シリーズ」は、いつもエピソードの奥が深いよ。

ワッコ シリーズ(笑)。

清田 次回も引き続き「別れない理由」について語っていきたいと思います!


彼氏と別れたいけど好きな部屋から引っ越したくないワッコ

(次回も「別れない理由」をお届けします)

構成:森田雄飛
文:清田隆之・森田雄飛・ワッコ


この連載を元にした書籍『モテすべ』も好評発売中です!


桃山商事、ニコ生はじめたってよ!
ニコニコチャンネル
桃山商事の恋愛よももやまばなし


この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nyapico1124 桃山商事の連載、好きです。別れられない理由って色々あるよね。 約11時間前 replyretweetfavorite

masuda39 なるほど。し… https://t.co/UsbeUOvvYa 2日前 replyretweetfavorite

Ayoshida_MM 本当に秀逸な対談だよなあ。。 4日前 replyretweetfavorite