おいしくて手間もかからない、ホクホクな里芋の唐揚げ

調理が面倒なイメージのある里芋。でも、今日ご紹介するのは下茹でが不要で皮も簡単に剥くことができ、さらに味も良くなるという一挙両得なレシピです。出汁で煮た状態で食べてもおいしく、唐揚げは料亭で食べるような上品な味わいです。

秋は里芋がおいしくなる季節。里芋は包丁で皮を剥いたり、下茹でしたり……と一見すると面倒そうに思える(そして実際に手間がかかる)食材ですが、今回はその手間を思い切り省いた効率的なレシピです。

里芋にはガラクタンやムチンという食物繊維に由来するヌメリがあり、昔は皮を剥いて、塩などで揉み、それを下茹でしてから使うのが普通でしたが、あたらしい調理法ではそのまま茹でてしまいます。皮を剥く手間や下茹での工程を省くことで、味も良くなるので一石二鳥です。煮た里芋はそのまま保存もできますし、揚げるという一工程を足すと、ビールのつまみにぴったりの料理になります。


里芋の唐揚げ

材料

里芋…350g~400g
片栗粉…適量

〈煮汁〉
出汁…500cc
醤油…大さじ1+1/2
砂糖…小さじ1
又は
水…500cc
白だし…大さじ2+1/2(七福醸造製を使用)
砂糖…小さじ1
又は
水…500cc
顆粒だし…4g(味の素『ほんだし®』使用)
醤油…大さじ1
砂糖…小さじ1

1.里芋は泥を洗い落とす。鍋に里芋、しっかりと浸るくらいの量の水を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火に落とし、10分加熱する。

2.ザルなどにあけて水を切り、冷水をかけて粗熱をとる。里芋の上下(料理用語で天地と言います)を包丁で切り落とし、手で皮を剥く。皮が残っている部分は包丁で削るようにして切り落とす。

3.鍋に2の里芋と煮汁を入れて、強火にかけ、沸騰したら弱火に落とし、落し蓋をして15分間煮る。火を止めて冷ます。(この状態で冷蔵庫で3〜4日保存できます)

4.フライパンに油を1cmほど注ぎ、中火にかけて160℃〜170℃になるまで温めておく。煮汁を切った里芋の表面に片栗粉をまぶし、余分な粉を手ではたいたものを揚げ油に入れる。里芋がすべて入ったら火を弱火に落とし、揚げていく。表面がうっすらと色づき、カリッとしたら揚げ上がり。


里芋料理の今、昔
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

料理には理論がある! 素材と工程の意味がわかれば、どんな料理でもつくれるように。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

keno_katamari 里芋もらう約束した日にちょうどこのレシピを見かけたので、からあげにしてみたんだよ どなたかの元ツイートが見つからず…参考にしたやつ貼っておきますね https://t.co/krFoEDM9ET 19日前 replyretweetfavorite

kyumakyuma1 メモ。。⊂( ˆoˆ )⊃ 22日前 replyretweetfavorite

milko0m0 @majyokkorei これ参考にした!https://t.co/u7bIoO3YKZ 22日前 replyretweetfavorite

kari_nyanko 里芋で手が痒くなり散々な目にあったけどこれならいいかも。しかも簡単ですごく美味しそう😍 約1ヶ月前 replyretweetfavorite