ナラティヴの溝を渡るための4つのプロセス

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのでしょうか? あらゆる現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。立場や権限を問わず、ノウハウが通用しない問題を突破する、組織論とナラティヴ・アプローチの超実践的融合とは──
大反響につき発売3週間で4刷り決定! いま最も注目の経営学者・宇田川元一さんの待望のデビュー作『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』(NewsPicksパブリッシング)を特別公開します。

前の章で、「対話」とは、一方的な技術だけでは歯が立たない「適応課題」を解消していくための方法であり、「新しい関係性を築くこと」であるとお伝えしました。

対話に取り組むことによってこそ、互いの「ナラティヴ」の溝に向き合いながら、お手上げに思えるような厄介な状況も乗り越えていくことができるのです。

この章では、実際にどのように対話をすればいいのか、対話のプロセスについてお伝えしていきます。

「溝に橋を架ける」ための4つのプロセス

対話のプロセスは「溝に橋を架ける」という行為になぞらえることができます。

仮に組織の中の異なる部門の代表同士が対話すると考えると、それぞれの部門ごとのナラティヴが互いの足場のようなもので、両者の間には溝があります。このナラティヴの溝(適応課題)に橋(新しい関係性)を築く行為が、対話を実践していくことなのです。

ハイフェッツたちは、適応課題に挑んでいくために、「観察ー解釈ー介入」のプロセスを回すことが大切だ、と述べました。しかし、私は日本の組織文化の現状を踏まえ、もうひとつ、観察の前に「準備」の段階をつけ加え、ハイフェッツたちの考え方よりも、もう少し取り組みやすいものにする必要があると考え、その点を修正してあります。

この「溝に橋を架ける」ためのプロセスを、大きく4つに分けることができます。

1.準備「溝に気づく」
相手と自分のナラティヴに溝(適応課題)があることに気づく

2.観察「溝の向こうを眺める」
相手の言動や状況を見聞きし、溝の位置や相手のナラティヴを探る

3.解釈「溝を渡り橋を設計する」
溝を飛び越えて、橋が架けられそうな場所や架け方を探る

4.介入「溝に橋を架ける」
実際に行動することで、橋(新しい関係性)を築く

よりイメージしやすいように、図説していきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わかりあえなさ」から始める組織論

宇田川元一

忖度、対立、抑圧……。どうして職場で正論が通用しないのか? 現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。その「適応課題」と呼ばれる複雑で厄介な組織の問題をいかに解くか。 論破す...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yestarina 他人との関係性について、溝の自覚に留まってる気がして買いました。あと 約1ヶ月前 replyretweetfavorite