バーテンダーが客の顔を覚えるテクニック

今回の「ワイングラスのむこう側」は、人の顔と名前の覚え方のお話です。営業の人にとっては死活問題になるこのお悩み、それ以外にも人の名前と顔を覚えなければいけない場面はたくさんあります。長年バーテンダーを努めてきた林伸次さんが、そのコツを伝授します。

名前がわからないとお店の人も苦しい

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

うちのようなバーもそうですが、最近流行りのカウンターでみんなが会話するスナックのような「初めて行ったお店」で、お店の人や他のお客さんとすごく会話が盛り上がってしまうときってあります。

それっていい体験のようですが、実は2回目に行くのを躊躇しませんか? あれだけ会話したのにマスター、自分のことを覚えてくれてなかったらどうしようとか、常連さんや、カウンターの中の人がガラッと変わってたらどうしようとかって感じです。そういうときは、「できるだけ早めに2回目行く」というのがポイントなのですが、1ヶ月後、半年後になるともう行きづらくなります。

常連になるのが上手い人って、そういう場合、電話で「覚えてないかもしれないのですが、2ヶ月くらい前にカウンターで盛り上がった広告の仕事をしている橋本(仮)と申します。今から伺いますが、カウンターあいてますか? マスターもいらっしゃいます? じゃあ10分後くらいに到着しますので」って感じで連絡してきます。

あるいはもう少し敷居の高いお店なら、Facebookのメッセージで、「7月末の水曜日にお伺いしてカウンターで日本酒と鮎の塩焼きをいただいた橋本と申します。妻が行ってみたいと申しておりまして、カウンター、できれば7月の時と同じご主人の目の前の席を2席予約できればと思いましてご連絡さしあげました」って感じで連絡するそうです。これだと職業やアイコンの写真で顔がわかるので、店側も「ああ、あの時の人だ」って思い出してくれます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yashims85 こういうの出来るようにして行きたいなぁ。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

8210pink すぐ人の名前を忘れるので勉強になります… 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

marusanuni https://t.co/N71fpz8Ydi 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

marusanuni https://t.co/N71fpz8Ydi 約1ヶ月前 replyretweetfavorite