みんなペットに悩んでる#5】ペット保険の損得勘定

動物病院への通院や入院、手術でかかった費用の一部を補償してくれるペット保険。契約期間が1年の掛け捨てで、治療費に対する補償の割合(支払い割合)は5割、あるいは7割というものが主流だ。万一の際の備えとして加入中、あるいは検討している人も多いだろう。

 動物病院への通院や入院、手術でかかった費用の一部を補償してくれるペット保険。契約期間が1年の掛け捨てで、治療費に対する補償の割合(支払い割合)は5割、あるいは7割というものが主流だ。万一の際の備えとして加入中、あるいは検討している人も多いだろう。

 ペット保険を扱っているのは、保険引受額に上限のある少額短期保険会社を含めると十数社を数える。大手といわれるのはアニコム損害保険とアイペット損害保険の2社だ。ただアニコムの保有契約件数は約60万件で、アイペットの約25万件を大きく上回っており、1位と2位の差は大きい。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません