みんなペットに悩んでる#10】ペット流通からあふれる「不要犬・猫」

高速道路を栃木県内のインターチェンジで降りて、さらに走ることおよそ10分。家並みが途切れた寂しい山中に、その施設はあった。

 高速道路を栃木県内のインターチェンジで降りて、さらに走ることおよそ10分。家並みが途切れた寂しい山中に、その施設はあった。

 前庭を抜けて奥まった位置にある小屋に入ると、見たことのない光景が目に飛び込んでくる。所狭しと積まれた鉄製の檻(おり)。ヒステリックにほえ立てる犬の声。何日も洗っていない頭のような異臭が漂う。

 ここは通称「犬の引き取り屋」だ。犬の繁殖業者(ブリーダー)が、妊娠・出産できなくなった老齢犬や障害のある犬といった売り物にならない個体を持ち込む。施設の所有者である男性は、1匹当たり数万円(推定)の謝礼と引き換えに犬を受け入れる。要するに、廃棄物の引き取り業者のような業態だ。

 「今は柴犬しかいないよ。それも10匹ぐらいかな。随分減った」

 やせたのも、思いのほかふっくらしたのもいるが、基本的にどれも老齢犬らしい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません