みんなペットに悩んでる#9】動物の命を看取る

生活の質をなるべく高く保ち、本人(犬・猫)らしく暮らして最期を迎えられるように周りが努力する──。命を看取るうえで、人も動物もそんなに違いはないと感じます。16年前に経験した、飼い猫のゴマの死がそのことを教えてくれました。

 生活の質をなるべく高く保ち、本人(犬・猫)らしく暮らして最期を迎えられるように周りが努力する──。命を看取るうえで、人も動物もそんなに違いはないと感じます。16年前に経験した、飼い猫のゴマの死がそのことを教えてくれました。

 1998年夏、5歳だったゴマは、日本獣医畜産大学(現・日本獣医生命科学大学)の付属病院でリンパ腫と診断されました。ステージ4とかなり進行した状態で、延命を目指す抗がん剤治療を受けることに。主治医の鷲巣月美先生からは、いずれ抗がん剤が効かなくなるので安楽死を選択肢の一つとして考えておくようにと確定診断のときに告げられました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません