夫に正社員になってもらいたくないもう1つの理由

旦那さんに仕事を辞めてもらったあと、4つの条件を満たす仕事を探してとお願いした下田美咲さん。しかしその後、正社員にはなってもらいたくないと思い始めました。旦那さんが常に家にいて育児に参加してくれたら全力で作家業に取り組むことができるから、というのが1つの理由ですが、もう1つの理由とはどのようなものなのでしょうか?

前回、「やっぱり夫には就職してほしくないかも…」と思い始めたことには理由が2つあって、その1つが「ワンオペ育児をしながらでも作家として成功した今の自分が、ちゃんと全力で仕事に取り組んだらどうなるのか見てみたい」という気持ちがあったことだったと書いた。

今日は、もう1つの理由について書いていこうと思う。

2年間、ずっと心のどこかで悩み続けていた

それは「第二子を産むことに備えて」というもの。実は、こちらの理由の方が自分としては圧倒的にメインで「もし、この先、第二子を産むことがあるのであれば、夫は無職かフリーターじゃないと無理!!!っていうかイヤ!!」ということが、私の中で強い意志だった。

というのも、息子を産んでからの2年間、私はずっと、心のどこかで悩み続けていた。そして、最後の半年ほどは実際に声にも出して訴えていた。

「この状況(ワンオペ育児)だと、どうしても二人目を産む気になれない」と。

息子を産んだことによって、妊娠や出産がどういう体調になることなのかを知った。育てるようになって、乳児や幼児がどういう生き物なのかが分かった。そして、我が子というものがどれだけ可愛くて愛おしくて大切にしたい存在なのか、思い知った。

それらを知ったことによって、私は、会社員の夫との間に二人目を産んだとして、その先に平和に暮らしていけるイメージが全くできなくなった。

夫は、婚約した頃から「子どもは絶対に二人以上!!!二人目までは絶対に産んでほしい!これは約束!」と言うようになり、息子が生まれた後もブレずにそう言い続けていた。

だから私は「いつかは二人目を産まなくては」「ってことは二人の子どもをしっかりと養ったり、絶対に守ったり、どんな夢でも応援したりできる器の女にならなくては」ということを常に考えていて、それはノルマであり、課題だった。

理想的に育てるのならば幼児一人につき大人一人

二人目を産むこと自体は嫌じゃなかった。息子を産んでみて、自分の子どもはすごく可愛いことが分かったし、育てることはとても楽しいことだと知ったから、経済力が追いつくのであれば何人だって産みたいし、チャンスがあれば「一生子育てをしていたい」と感じたほどだった。

だけど同時に、乳幼児の生態と育児の実態を知れば知るほど「二人以上の子どもを同時期に育てる方法がわからなすぎる」とも思うようになった。

いや、物理的にはわかるのだけど、理想的に育てる方法が、まったく見えなかった。

というのも、どう考えても、理想的に育てるのならば幼児一人につき大人一人つかないと厳しい。そうじゃないと、ちゃんと子どもの気持ちを大切にしたり、まともに安全を確保できる気がしない。

だってまず、息子はいつも、こちらの状況などお構いなしに自分のタイミングだけで「ママ!ママ!」と私のことを求めてくる。もし、そういう子どもが二人以上いたら、どうやって対応をすればいいのだろう。どうしたって、どちらかは後回しになるはずだ。

それに、安全面もすごく不安。子どもが1人しかいない今は、大人たちが気をつけていればいろんな危険を予防できる。だからこそ息子はこれまで大きなケガをすることなく育っている。

だけど、活発な幼児のいる環境で赤ちゃんを育てるとなると、それは危険度がかなり高い。

「ドアを勢いよく開けちゃダメだよ」とか「向こう側に赤ちゃんがいないかをまず確認してからドアを開けてね」とか「小さいものを赤ちゃんの手の届くところに置かないでね」とか、そんな複雑なルールは幼児には守れないと思うし、そんなところまで気が回らないのは子どもとして当然。

だから、子どもが原因で赤ちゃんに対してどんな事故が起きても、子どもは何も悪くない。全ては、大人が気をつけまくるしかない。

確実に、夫婦仲は悪くなっていく

だけど、それを自分1人でやることになったら、私はきっと相当疲れる。疲れるということは不機嫌になるから、些細なことも気に障るようになる。

その積み重ねで、確実に、夫婦仲は悪くなっていく。

夫婦仲を壊してまで子どもを増やす意味とは…とも思ったし、ワンオペで子どもが二人以上になってキャパオーバーになったら、そのしわ寄せは主に子どもたちにいくから、それが何よりも耐えがたかった。

自分たちのキャパを見誤って子どもを増やして夫婦仲が壊れて離婚するのは、ただの自業自得だから、ある意味では許容範囲内。

だけど、子どもを増やすことによって、子ども1人1人を満足に育てられなくなるのは、嫌すぎる。

私は、子どもを産んで育てることはこの世で一番の贅沢な行為だと思っていて、贅沢というのは余裕がある人がするべきことだと考えている。

会社員の妻としてワンオペで育てるのであれば、子どもは1人までが身の丈に合っているような気がした。キャパに合っていないような身勝手な出産なら、したくない。

それに、自分にかかってくる負担を考えても、【ワンオペで育児をしながら二人目を作ること】には、まったく前向きになれなかった。

そもそも妊娠中にワンオペ育児なんて無理

だって、そもそもまず妊娠の時期を平和に乗り切れる気がしない。

つわりに襲われながらのワンオペ育児なんて、想像しただけで辛いというか無理。少なくとも、息子がそこそこのお兄さん(幼稚園の年長~小学校低学年くらい……?)になってないと無理すぎるでしょ、と思う。少なくとも、「今、ママ、吐きそうだから遊べないんだ」という日本語を理解できる年齢にならないと、問答無用で腕を引いて遊びに誘ってくるからヤバイ。

それに、妊娠中は、いつ緊急入院することになるか分からないこともすごく気がかり。実際、私は息子を妊娠中、初期に入院をしたことがあった。幸い3日で退院できたけど、場合によっては半年以上の入院生活になる可能性もある状況だった。

第二子の妊娠中に急に入院をすることになったら、息子の面倒は誰が見るのだろう、と思うだけで、妊娠することへの恐怖心が募った。

いきなりママと引き剥がされ、あまり会ったことのない親族のところなどに預けられて慣れない環境で生活をする息子を想像すると、あまりにもかわいそうで、そんなリスクを背負ってまで子どもを増やしたいと思えなかった。

それに、産後を想像してみても悲惨。

一般的に「産後一ヶ月は寝たきりにならないと、体に後遺症が残ってしまう」と言われているけれど、そのためには息子を誰かに預けるか、誰かに家に通ってもらわないと、寝たきりになど絶対になれない。しかし、そのどちらにも私は全く気乗りしない。息子を預けるのは寂しくて悲しいし、他人が家にいるのは気疲れする。

それに関しては、本来なら夫が育休をとってくれればいいだけの話だけれど、今の時代はまだまだ、"普通の男"に育休が取れる空気ではない。

取得する権利があることは知っているけれど、権利を堂々と主張すること自体が"普通の男"にはハードルが高いから、道なき道を切り開くようなタイプの異端な人じゃないと、2019年の世の中では男の育休取得は難しい。そして夫は普通の男だから、育休を取れる権利があろうと、彼には取れないし、彼は取らない。

そんなわけで、息子を産んだ頃から、私はずっと悩んでいた。夫は絶対に第二子が欲しいと言ってくるけれど、自分の中では産むことが現実的ではなさすぎて。

(次回に続く)

次回「第二子を産んでも離婚しないですむ道を見つけた」は11/20公開予定。お楽しみに!



下田美咲さんがオンラインサロンをはじめました!

メンバーからの質問・相談に、下田美咲さんが直接返信対応してくれるサロンです。
詳細はこちら

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 私、やりたいことしかやりたくない。 その考え方を、夫にも当てはめてみたらどうか?一方的すぎる、と気付けないか? https://t.co/FgviTl0BTo 5日前 replyretweetfavorite

shimodamisaki 1位だ! うれしい😍😍😍 6日前 replyretweetfavorite

shimodamisaki 今なら無料で読めるよ♡ ぜひ! 🆕 https://t.co/719SP6bEXb 6日前 replyretweetfavorite