耳を出すか出さないかも、表現

大のショートヘア好きを自負する青山裕企さんが、ショートヘアの女性だけをひたすら撮り続ける連載 「髪は短し 恋せよ乙女」。noteで絶賛連載中のこのシリーズを、cakesでもお届けします。モデルは前回に引き続き、アクターズスクール広島の清水紗良さんです。彼女へのインタビューとともにお楽しみください。

── ショートヘアの時って、耳が出ちゃうことが多いと思うんですけど、耳は基本出すことが多いですか?

「前は片方だけ出して、片方は髪をかけないっていう感じだったんですけど、今日は雰囲気変えていこうかなって」

── 片方だけ出すっていうのは、何か意味があるんですか?

「耳を出したら、顔が明るく見えるじゃないですか? だから出してたんですけど、出したら顔がなんか大きくなるって思ったら、片方かけて半分半分みたいな」

── 耳を出してる方から見たら顔が明るく見えるし、耳を出してない方から見たら顔が小さく見える。どっちから見てもお得みたいな。

「そうなんですよ。両方かけたり、かけなかったりしても、なんか一長一短って感じで」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
髪は短し 恋せよ乙女

青山裕企

ショートヘアに恋する、すべての男の子へ。ショートヘアを愛する、すべての女の子へ。大のショートヘア好きを自称する青山裕企さんが、満を持してお届けする写真連載 「髪は短し 恋せよ乙女」。noteで絶賛連載中のこちらのシリーズを、cakes...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません