儲かる農業2019

レガシーシステムに悲報 セブンが野菜工場にシフト

2018年、JAや卸売市場などから成る流通のレガシーシステムにとって最大の悲報は、コンビニ大手、セブン-イレブン・ジャパンがサラダ用レタスの調達を野菜工場に切り替えたことだろう。

 セブン-イレブンにサラダやサンドイッチを納入する主要ベンダー、プライムデリカが日本最大級の野菜工場を稼働させたのだ。

 セブン&アイ・ホールディングスはかつて工場産の野菜について「野菜は太陽の下で育つという消費者のイメージとは違う」(青果物バイヤー)と否定的なスタンスだったので完全に「宗旨変え」である。

プライムデリカの野菜工場。総菜工場につながっており、直接レタスを運搬できる

 だが、方針転換に至るまでには、ベンダー側に相当な苦労があったようだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
儲かる農業2019

週刊ダイヤモンド

農業はテクノロジーで激変する。新時代の生産・流通革命に柔軟に対応できる農家だけが「儲かる農業」を実現できる。パートナーや事業を機動的に組み替えられる小規模農家にこそ勝機はある。 ダイヤモンド編集部・千本木啓文、浅島亮子、重石岳史/デー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード