動物病院で誤診された話(前編)

今年3歳のこつぶは、子犬のころ、一度「心臓病」だと診断されたことがありました。これは、それを聞いたキリさんが周りのひとに助けられながら、セカンドオピニオンを受け、結果的に誤診だったとわかるまでのお話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「こつぶ」とのエピソードがたっぷり! 書籍も好評発売中!

この連載について

初回を読む
豆しば こつぶ

キリ

豆しばの「こつぶ」と、飼い主の「キリ」さん。1匹と1人の、笑いの絶えないふたり暮らしを描く、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・キリさんの連載です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

paultaskart うわああ…気持ちを想像すると心臓ギュッてなる…犬は周りのいい人達との和も繋いでくれるんだなあ(´~`) 15日前 replyretweetfavorite

toukajuri こつぶちゃんが心臓病!?ってなった結果、お坊さんが出てくるという驚きの展開です 続き気になるですよ~~! 15日前 replyretweetfavorite

kiriillust 月曜はこつぶ新作の日😀 今回は珍しく"中身がある話"です笑😂 こつぶが心臓病だと診断されていたあの日々 この時は毎日そのことばかり考えてた つづきはこちら →https://t.co/71yB5oSYgr (最新話無料なので… https://t.co/HPD9v3Cdd3 15日前 replyretweetfavorite