天才のつくり方

第22回】数理オタクがモテるようになれば、日本は変わる?

日本はオーバーアチーブに対する認識を変えるべき、と主張する茂木さんに、北川さんはなぜか「モテ」の話を持ち出します。合コンで理論物理の話をしたものの、全然ウケなかったという北川さん。理系男子がモテるようにするには、どうすればいいのでしょうか。

 東大に合格するのがオーバーアチーブ……という考えはもう古い!

茂木 北川と話そうと思ってたことがあるんだけどさ、日本はオーバーアチーバー(枠を超えて何かを達成する人)のイメージを変えるべきだと思うんだよね。TED Conferenceに、15歳で、カーボンナノチューブを使ってすい臓がんの検査薬をつくった子が登壇してたんだよ。

北川 へえー、すごい!

茂木 彼にどこの大学に進学するの?って聞いたら、地元の大学って言うんだ。彼は完全なオーバーアチーバーだけど、それでいいんだよね。ファシリティ(設備)があれば、有名大学かどうかは関係がない。ハーバードやMITってすごくいいAcademic institution(学術研究機関)だと思うけど、アメリカ人のオーバーアチーブのイメージって、そういう大学に行くことじゃないんだ。ビートルズとか、アインシュタインとか、スティーブ・ジョブズとか、何かの分野ですごいことを成し遂げる人のことを、オーバーアチーバーだと思っている。

北川 そうですね。本人が何をachieve(達成)したかっていうことですよね。

茂木 ハーバードのAcademic institutionとしてのreputation(評判)は、そこからときどきアメリカ人の定義によるオーバーアチーブが出ることによって、確立されている。別に、ハーバードに入学すること自体はオーバーアチーブじゃないわけ。ところが、日本人が持っているオーバーアチーブのイメージっていうのは、例えば東大理三に現役合格するとかなんだよね。

北川 あ、そうなんですか?

茂木 もうなんか、ダサいっていうか、貧弱なわけ。意外とそれって本質的な問題だと思うんだよ。マスコミの取り上げ方にもよるんだと思うんだけど、アチーブすることについての想像が広がっていかない。今の日本に、オーバーアチーブのいいモデルがいないからなのかな。

北川 うーん、だから僕、モテないんでしょうかね。

茂木 え? これはまさかの展開(笑)。

北川 いや、その意味での日本の分かりやすいオーバーアチーブに、僕があまり興味ないからモテないのかなと思って(笑)。これ、関係ないですか?

茂木 いやいや、詳しく聞かせて(笑)。モテないってどういうこと? 不特定多数の女の子に好かれたいの? 彼女が何人もほしいってこと?

北川 一人いれば十分です(笑)。

茂木 えー、お前モテるんじゃないの? ほんとは。

北川 モテないっすよ。まず、物理学者がモテないです。先日初めて合コンに行ったんですけど、「ハーバードで理論物理やってました」って自己紹介したら、まず「理論物理って何なの?」みたいなことを詰められるわけです。「文系の私でもわかるように、理論物理のすばらしさを3分でしゃべって」というオーダーが出まして。

茂木 それはきびしいね(笑)。

北川 そこで僕は、必死に理論物理のおもしろさを伝えようとがんばりました。理論物理学のおもしろさのひとつは、理論を組み立てれば正確に物事を予測できることなんです。例えば心理学とかは説明能力はあっても予測能力はあまりなかったりします。今から僕が何をいうか、正確に当てることなんてできないですよね。でも理論物理では予測ができる。
 今世紀、理論物理で最高に成功したのは、量子電磁力学と呼ばれる理論だと言われているのですが、これは1兆分の1の精度で理論と実験の正しさが確かめられました。これって例えて言うと、僕が月にボールを投げて、月にあるミットに1ミリもずれずに投げることができるような正確さなんです。僕はこれ、超すごいと思うんですけど、こういう話をしたら……まあ、盛り上がらなかったですよね。

茂木 う……うん、盛り上がらないだろうね。いやまあでも、理系男子がモテないっていう傾向は、課題だな。今は、理系男子こそモテていいのに。今でも商社マンとか外資系金融マンとかがモテてるとしたら、ちょっと時代遅れだよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ooooomieooooo この対談の内容すごく好き。 5年弱前 replyretweetfavorite

taketter03 面白い!⇒ 約5年前 replyretweetfavorite

eminem0710 何を達成したかっていうことがめっちゃ重要なんだと再確認。 約5年前 replyretweetfavorite

hyoshiok いや、北川さんはめちゃくちゃもててると思う。本人が気が付かないだけで。 https://t.co/4KftMvoIQv 約5年前 replyretweetfavorite